Show and Hide the Dashboard Home

Milok

SHIMADANTIQUES
3MW

Diary

DIARY

May 22, 2017

Cartier/MUST de TANK/1990s

20170523005.jpg



お待たせしました、3年間でやっと2本目の入荷です


文字盤はアールデコのこの子しか選びません、このケースにしてこの文字盤が完璧


カジュアルなスタイルにも、スーツスタイルにも上品にハマる秀逸な1本をお探しならばオススメです








VINTAGE時計セレクトの基準
時代と共に変化していくデザイン性や雰囲気と内部(キャリバー)の品質を重視することで
ブランドではなくフラットな感覚でヴィンテージ時計を迎え入れてほしいと思います

[ Cartier/MUST de TANK/1990s ]
タンクシリーズの原点であるタンクルイカルティエは創業者「ルイ・カルティエ」の名を冠したオリジナルのデザインに最も近いタンクです。最初のタンクが製作されたのは1917年でプロトタイプはアメリカのジョン・パーシング将軍に贈られ、その2年後にタンクがリリースされました。タンクデザインのインスピレーションは、戦車の平面図をベースに構築されキャタピラがケース縦枠になりラグを兼ねています。丸みを帯びた直線で構成されたデザインはアールデコ様式の先駆けと言われています。そして文字盤デザインはアールデコ様式の最上位と言える完成された普遍性さえも感じます。20世紀を代表する時計といえばタンクと、パティックフィリップのカラトラバとも噂されております。完璧なまでのアールデコ様式の美しさが文字盤に宿ります。まさにタンクは角型時計を定着させた時計とも感じます。そのタンクの廉価盤として1970年代よりリリースされているモデルが今回の MUST de TANK。ベルメイユケースと呼ばれるシルバー925に極厚ゴールドコーティングしたケースが特徴です。悲しいかな、、、マストタンクの状態の良い個体が少なくなってきているのも事実です。男前な女性にもカッコよくハマります。カジュアルなスタイルにも、スーツスタイルやPARTYシーンにもTPOを選ばない秀逸な1本をお探しならばオススメしたいですね。定期メンテナンスや修理依頼などもお気軽にご相談くださいませ。

メーカー  :Cartier/MUST de TANK
製造年代  :1990年代
製造国   :スイス
ケース   :18K GOLD FIELD/金張り/ベースはシルバー925
キャリバー :クォーツ
ベルト   :牛革製・BLACK (純正ではありません)
       尾錠(バックル)はCartier純正となります
ケース幅  :縦/約31mm 横/約24mm(リューズ除く)
       現在Cariter本店で発売されているTANKシリーズの中で、SMとLMの間のサイズになります
       SMだと小さすぎて、LMだと大きすぎる、ちょうどボーイズサイズ的に着用できるのでオススメなのです
ベルト幅  :18mm
状態    :文字盤に目立った日焼けはありませんが、ケース全体に経年変化はございます
       キャリバー(内部)の状態はよろしいです
保証期間  :6ヶ月(購入時より)
精度    :日差±30秒程度

[Milok]のVINTAGE時計セレクト品は、先代より続くヴィンテージ時計専門家のサポートいただいております。全品において稼働チェック&オーバーホール済みの安心してお使いいただける逸品となります。ヴィンテージウォッチは近年、中古市場で良品の不足が顕著です。リアルヴィンテージと呼ばれる修正を加えていない良品は、古き良き時代の[香り]と[デザイン]が魅力的です。次世代への技術継承と、魅惑的なヴィンテージウォッチの発展に微力ながら貢献できればと考えております。

ジュエラー/時計ブランド [CARTIER/カルティエ] 歴史
創業:1847年
~世紀末のパリを華やかに彩ったカルティエの誘惑~
 カルティエの本業は宝石商である。この事実に対して異論を唱える人はいないだろう。しかし、カルティエの時計は素晴らしい。これも厳然たる事実だ。これはペル・エポック時代の寵児が生んだ史上稀に見る物語である。時代は19世紀末のパリ。来るべき20世紀への期待と不安が交錯する。そんななかで、1847年にフランソワ・ルイ・カルティエが創設したカルティエは、上流階級の寵愛を一身に受け、一流宝飾店としての道を歩んでいた。この物語の主人公、ルイ・カルティエが経営に参画したのは1898年のことであった。彼こそが、カルティエ伝説のいわば骨格を形成した人物である。どんなものにでも興味を抱き、自らの資質にしてしまう才に長けていたルイ・カルティエは、わけても時計製造に並々ならぬ情熱を寄せていた。彼が経営に参画した翌年の1899年、現在も本店を構えるラ・ぺ通り13番地に移転してから、カルティエの時計製造数は飛躍的に増大することになる。時計史に未来永劫刻まれる出会いはその翌年に起こった。ルイ・カルティエと、ブラジル生まれの熱狂的な飛行機狂として、当時のパリで名を馳せていたサントス・デュモンとの出会いである。ブラジルのコーヒー王の子息であったサントスは、その財力にものをいわせ、留学先のパリで派手な生活を送っていた。コーヒーは17世紀からヨーロッパに入ったとされており、この19世紀にはパリを中心に、コーヒーハウスが人々の社交の場となるなど、この黒い飲料の需要は日を追うごとに増加の一途をたどっていた。19世紀の偉大な評論家として知られるジュール・ミシュレは、コーヒーについてこんな言葉を遺している。「コーヒーよ、正気をもたらす飲み物よ、酒とは異なり純粋と明晰をもたらすものよ、脳の偉大なる栄養なり」。気球や飛行機などを製造して大空を舞うことに情熱を傾けていたサントス・デュモン。しかし彼の設計、製造した飛行機は、機能的にはとりたてて見るべきところはなかった。飛行時に彼が着目した、あることが素晴らしかったのである。それは、飛行中にしげしげと取り出さなければならない懐中時計を極めて不便であると感じたことであった。そこで、1899年のとある日にパーティの席上で出会ったルイ・カルティエに、懐中時計に変わる新しい時計の製作を依頼したのである。 その日から5年の歳月を経た1904年、サントスの依頼した時計がついに完成した。それはいっさい飾りのない、シンプルな腕時計であり、当時の女性の間でもてはやされていた華奢なブレスレット・ウォッチとは明らかに一線を画するものであった。この腕時計を身に着けたサントスは1907年、愛用の飛行機で飛行時間の世界記録を樹立したのであった。この記録もさることながら、宝石商であるはずのカルティエが世界に先駆けて、本格約な腕時計の製作に着手したという事実は見逃せない。腕時計の需要が本格化し、各社が主要生産ラインを懐中時計から腕時計に移行させたのは1920年代以降であることを考えると、ルイ・カルティエの見識がいかに優れていたかがわかる。サントスと並んでカルティエの代名詞と呼ばれるのが、名作「タンク」である。この時計にもまた、サントスと同様多くのドラマが内包されている。4年間にわたる第1次大戦が終結し人々が活気を取り戻した1920年代、都市が整備され交通機関は飛躍的に発展を遂げた。ウィーン分離派やバウハウス運動を起源とする、アールデコが人々の心を掴んだのもこの時期である。ルイ・カルティエがこの流れを見逃す筈はなく、曲線を省き、シンプルな直線で構成した腕時計タンクを1919年に発表した。優美な形状をもつこの時計、実は先の大戦で本格的に各国軍に導入された、戦車のキャタピラから着想を得てデザインされたのである。戦争の終結を喜ぶ人々が絶賛の嵐を送ったこの時計が、実はその戦争と密接な関わりをもっていたのだ。ニューヨーク・ウォール街の株価大暴落に始まる暗黒の1930年代、カルティエは景気後退にさほど影響を受けない王侯貴族に多くの顧客を得ていたため、難を逃れることができた。宝飾防水時計として知られる「パシャ」もこの時代に登場している。これは、マラケシュのパシャが「自宅のプールで泳いでいる時にも身に着けていられる腕時計はないものか」という注文から誕生した宝飾防水時計である。暗黒の1930年代をさしたる影響もなく切り抜けたカルティエではあったが、それに続く第2次大戦の影響は避けることができなかった。1939年、ドイツに対するイギリス、フランスの宣戦布告の声を聞くと同時に、ロンドン・カルティエではイギリス空軍のために写真機材や備品の製造を始めた。また、ドゴール将軍率いる自由フランス軍のオフィスとして、ボンド・ストリートのカルティエ事務所の2階を提供したのだ。そして1942年、カルティエの象徴として君臨していたルイ・カルティエがこの世を去った。戦後のカルティエは、腕時計の生産にますます力を入れるようになった。クロノグラフなど複雑な機能を搭載した時計から、華麗な装飾を施した女性用のブレスレット・ウォッチまで、そのバリエーションは多様化を極める。1960年代。この年代はカルティエにとってひとつの転換期を意味している。100年以上もの長きにわたって続いた血族経営に終止符が打たれたのである。外部から新しい経営陣を迎えることによって、カルティエはまったく新しい展開を始めたのである。王侯貴族に愛されてきたそのステイタスと、一般消費者の興味へ、従来のイメージを崩すことなく、いかにして幅広い層にカルティエの素晴らしさをアピールすることができるか。新しい経営者たちは暗中模索を繰り返していた。その結果、新しいラインとして「レ・マスト・ドゥ・カルティエ」を1973年に発表し、これが見事に大成功を収めた。  ここ数年は、かつての機械式時計を復活させるなど新たな展開を見せるカルティエ。伝統を守りながらも、常に時代の突端を見つめているその鋭い視線は、ルイ・カルティエの似姿を見ているような錯覚さえ起こさせるのだ。
「世界の腕時計 �16」より引用

[アンティークウォッチ取扱いのご注意]
*防水性について*
 アンティークウォッチには防水性能はありません。水・汗等には十分にお気を付けください。
 また、極度の高温・低温になる場所は故障の原因となります。
 (ストーブ等の熱源の近く・サウナ・直射日光・車のダッシュボード・寒冷地)
 温度差が激しい場所でのご使用は結露が生じる場合があるのでお控えください。
*衝撃について*
 ほとんどのアンティーク/ヴィンテージウォッチには耐震装置がありません。
 落下・強くぶつける・激しいスポーツ等は故障の原因となりますのでご注意ください。
*ゼンマイ巻上げについて*
 手巻き式時計では、ゼンマイを巻く際はゆっくり巻き上げ、
 巻き止まったらそれ以上力を加えないで下さい。
 (ゼンマイが切れることがあります。)
 なお、自動巻きの場合はリューズを20~30回ほど巻き上げてご使用ください。
*磁気について*
 強い磁気を発生させる物に近づけると、時計が磁気を帯び、精度不良の原因となります。
 バッグ類のマグネット式留め金・磁気入り健康器具・スピーカー・テレビ
 電子レンジ・携帯電話等には近づけないで下さい。
*保管について*
 保管の際は汗・汚れ等を柔らかい布で拭取り、風通しがよく乾燥した場所に収納して下さい。
 なお、防虫剤は時計油を劣化させますのでご注意下さい。
*オーバーホール(分解掃除)について*
 オーバーホールの目安は3~5年です。問題がなくても定期的なメンテナンスをお勧めします。
 なお、水没等、水入りが生じた場合は、可及的速やかにオーバーホールをしてください。
 機械が錆びて修復不可能になる事があります。

I HOPE YOU ENJOY MY VINTAGE WATCH.
THANK YOU!!!







+milokweb ONLINE STORE/Cartier/MUST de TANK/1990s/¥195,000- +TAXはこちらをクリック+







[MIlok] オフィシャル Instagram
[MIlok] オフィシャル Twitter
[MIlok] オフィシャル Facebook
May 20, 2017

SNAP IS...

20170521080.jpg































20170521081.jpg































20170521082.jpg































20170521083.jpg



ペトロールズ/長岡くんの応援に、福岡CIRCLE17へ行く!!!という妄想コーデ


2年前から提案している上着をパンツにINするスタイル


あえて靴はスニーカーではなく、ちゃんと感のある革靴


今回のロングネックレスはブルドックだけでシンプルに


ギークのバイラルかけると少しモードになりますね




コーディネイトって、、、どこをどのように意識したらいいか???


なかなか分からないものですよね、、、


そんな時はスタッフ相川のコーデ!!!


僕も信頼しているコーデの達人ですので、店頭にいたら気軽に話しかけてあげてください(笑)




TOP : [Milok]:UTILITY SS/BLACK:¥17,000-+TAX


BOTTOM : [Milok]:UTILITY PANTS/INDIGO/TOKYO LIMITED:¥28,000-+TAX


SHOES : [Milok]:MAKERS/LIMITED/サイドゴアブーツ:¥64,500-+TAX


+上記をクリックするとオンラインショップへ+





[MIlok] オフィシャル Instagram
[MIlok] オフィシャル Twitter
[MIlok] オフィシャル Facebook
May 20, 2017

MAKERS/REGINA/プレーントゥ靴

 20170520001.jpg



‪ついにMAKERSのREGINA届きました‬


‪道具となる機能美とともに‬、10年後の愛用品へと、、、‬


メンテナンスは全てお任せくださいね




皆様からの多くの感想をいただいております
「どこも痛くない靴は初めてです」
「こんなに疲れにくい靴は、、、ビックリです」
「革靴を100足所有しているが、、、これは別格!」
「スッキリ綺麗なフォルム、軽い印象のある革靴ってスニーカー代わりにいいですね」
「カジュアルにもスーツスタイルにも使える靴ですね」
「やっぱり大人は革靴でしょ???」
「REGINAと比べると、インポート/海外製は小指と甲が痛くなるんだよな〜」
「僕はすでに2年愛用しています、今回は彼女用にプレゼントで、、、」
「これから先に、10年愛用しているって言ってみたい!!!」


‪申し訳ございません m(_ _)m‬


‪すでにSOLD OUTもございます‬


‪ご了承ください‬








デザイン
靴の歴史の中で、なくてはならない定番靴といえばプレーントゥとなります
それは、飾り気の無いシンプルなデザインなので、ブランド哲学の中核部分が出てしまいます
それほど難しい、、、
ついにMAKERSよりブランド設立/第一幕の集大成ともいうべき、プレーントゥの登場です
REGINA/レジーナとは [女王] という意味となります

プレーントゥ短靴ではあまりみられない6ホールシューレース(6つ穴)タイプ
横から見ると、羽根は前方へ向けて伸びやかに流れています
トゥの立ち上がりは、あくまでドレス靴のように、まるで鷹のくちばしのようです
しかし、真上からトゥを俯瞰すると米軍サービスシューズのような丸みがあります
ヒモを細めのロウ引きにすることで、無骨さと繊細さを残した印象を与えます

甲が高めに設定してありますので、両羽根部分を紐でピッチリ閉める事ができます
+インポート靴やVINTAGE靴のDウィズやCウィズで足を痛めてしまった方には
 驚くほどの快適さと履き心地!と喜ばれております
 本物の靴をお探しの女性にも好評です

ソール(オイルベンズ)にBILTRITEヒールの組み合わせは 古着好きなら嬉しくなります
全体の印象としては 道具となる機能美を秘めた新定番とでもいいましょうか
現代であるべき VINTAGEの理想像とお伝えしたいですね

冠婚葬祭のスーツスタイルから、ビジネスシーン
ジーンズ/チノパン/カーゴパンツ/オールインワン(ツナギ)まで幅広く
コーディネイトできてしまうのが、プレーントゥの魅力となります

-------------------------------------------------------------------------------
木型
オーソベティ/整形靴(モディファイドラスト)を基本としてます
日本人の足形を統計的に研究した[結晶] Eワイズ/甲が高めとお考えください
ウエスト(土踏まず)部分はかなり狭く しっかりと支えられている抜群のフィット感が特徴

革は[イタリア/INCAS社]のベイビーカーフ素材を採用
通常のカーフ素材の中でも1番若い仔牛の革なので、ある意味では最上級といえます
靴に足を入れた瞬間から、足に馴染んでしまう、、、当たる部分は感じられない、、、
そんな履き心地を体験できるはずです
ーーーーー カーフ素材とは ーーーーー
生後6ヶ月以内の仔牛の革のこと
人間の肌が大人より子供の方がキメ細かいのと同じで
カーフは成牛革に比べ非常にキメが滑らかで美しく、キズも少ないです
また牛革全般の特性として組織が密で体の部位による差が少ないという点からも
皮革の最高素材とされています

靴の内側はヘリンボーン生地を採用
1960年代頃までの VINTAGE SHOES は生地がほとんどでした
なぜなら汗の吸収と乾燥が革より優れているからです
手嶋氏の VINTAGE靴への造形の深さと優しさの表れではないでしょうか

グッドイヤーウェルト製法
前方のウェルト/コバ部分は張り出しがしっかりとあります
後方のウェルト/コバ部分はスッキリとしています

ソールはオイルベンズ(MADE IN MEXICO)を採用
オイルベンズとは MAKERS のスタンダードとなる底革
メキシコ製の繊維が詰まっている物にオイルをしっかり染み込ませているもの
特徴はしなやかで足のなじみがよく/地面の凹凸を感じやすく/なおかつ比較的滑りにくい

ヒールはビルトライト/BILTRITE
USAワークや VINTAGE好きな方はご存知かもしれませんね
特徴はTricke'sもスタンダードとしている DINITE/ダイナイト よりも摩耗に強く
都市を中心としたコンクリートが多い地域では 最適だと思われます
-------------------------------------------------------------------------------
*レディースサイズについて*
 男性の木型(足型)を基本としておりますので、下記を実寸サイズの参考にしてください
 Size,3(21cm)は、女性サイズとしては22cm
 Size,3H(21.5cm)は、女性サイズとしては22.5cm
 Size,4(22cm)は、女性サイズとしては23cm
 Size,4H(21.5cm)は、女性サイズとしては23.5cm
 Size,5(23cm)は、女性サイズとしては24cm
 Size,5H(23.5cm)は、女性サイズとしては24.5cmとお考えください

*ご参考までに
 スタッフは甲は高め/ワイズは広めの日本人足です
 足の全長は25.5cm Size,7.5がジャストになります
 インポート革靴はUS8.5/UK7.5又は8 スニーカーはUS9が多いです
 ご参考にしてください

*ソールとヒールの張り替えも可能です(有料)
 弊社へ連絡くださいませ


+milokweb ONLINE STORE/MAKERS/REGINA/¥59,500- +TAX はこちらをクリック+








[MIlok] オフィシャル Instagram
[MIlok] オフィシャル Twitter
[MIlok] オフィシャル Facebook
May 19, 2017

TV番組/もろもろのハナシ/おぎやはぎ

20170519050.jpg































20170519051.jpg































20170519052.jpg



もろもろのハナシにて[おぎやはぎ]さんの、矢作兼さんへ


DRESS DENIM WASTCOATとDRESS DENIM TROUSERSをご着用していただきました


[Milok]が代表する丸首ベストは、やっぱりお似合いになりますね


ありがとうございます


矢作兼さんには2016年頃より、さまざまなTV番組にて[Milok]をご紹介していただいております




お二人は小さい頃より、身につける物に興味を持っていて、こだわりもある方ですね


そしてなにより面白い、、、個人的にもファンですね


引き続き[Milok]も応援のほど、宜しくお願いします




[Milok]:DRESS DENIM WAST COAT : ¥29,000-+TAXはこちらをクリック+


[Milok]:DRESS DENIM TROUSERS/INDIGO : ¥34,000-+TAXはこちらをクリック+




MATERIAL
素材はスーパー100sと機能性ポリエステル糸を混紡した上質なドレスデニム(綾織り)を再現してみました
こちらは色落ちがしませんのでご安心ください
ウール100%やコットンと比べて防臭効果があります
セットアップ用のスラックスとウエストコート(ベスト)もございます

DESIGN
VINTAGEとなる伝統や歴史に敬意を払い
服を構築する1つ1つの線に意味を持たせたコレクションとなります
W JKT用スラックスは1930年代の香りと型紙職人との共同作品としてリリースされています
デザイナー自身がこよなく愛する1930年代のスラックスのシルエットをベースとしています
太めのテーパードで裾は21cm幅ダブル始末
ウエストは編み込みドローコード+ゴム仕様のイージースラックス
BOXタック仕様でゆったりとしつつ、裾にかけてテーパードしています
裾丈は9分または8分とお考えください

STYLING
シンプルな無地Tシャツをパンツへタックインするだけでも雰囲気でますね
仕立ての良いシャツを合わせるとミニマルなモード感も
古着とのコーデも秀逸ですね
トラディショナルなスタイルにもカジュアルやスポーツアイテムとも相性がよろしいと感じます
皆さんの自由なコーディネイトを楽しんでください

CARE
ご家庭でお気軽に洗濯ができます
洗濯の基本は同色のモノと一緒に洗うことですね
色落ちするものや漂白剤を一部分に付けたアイテムと一緒に洗濯はお避けください
脱水後は形を整えてパンツハンガーで干していただけると嬉しいですね
乾燥機はNGです、縮んでしまいます
もちろんドライクリーニングも可能です
疑問や質問などありましたら、お気軽に[Milok]へお問い合わせください

素材 : Wool-50% Polyester-50%
Size,44(S)/ウエスト: 80cm 股下 : 59cm 裾幅 : 21cm
Size,46(M)/ウエスト: 83cm 股下 : 62cm 裾幅 : 22cm
Size,48(L)/ウエスト: 86cm 股下 : 65cm 裾幅 : 23cm
+ウエストはコードで小さく絞れます、そして各サイズ+10cmほど大きくもなります

MADE IN JAPAN
I HOPE YOU ENJOY MY CLOTHES
THANK YOU!!!







[MIlok] オフィシャル Instagram
[MIlok] オフィシャル Twitter
[MIlok] オフィシャル Facebook
May 18, 2017

NF in 森、道、市場 レポート

20170521001.jpg































20170521002.jpg































20170521003.jpg































20170521004.jpg































20170521005.jpg































20170521006.jpg































20170521007.jpg































20170521008.jpg































20170521009.jpg































20170521010.jpg































20170521011.jpg































20170521012.jpg































20170521013.jpg































20170521014.jpg































20170521015.jpg































20170521016.jpg































20170521017.jpg































20170521018.jpg































20170521019.jpg































20170521020.jpg































20170521021.jpg































20170521022.jpg































20170521023.jpg































20170521024.jpg































20170521025.jpg































20170521026.jpg































20170521027.jpg































20170521028.jpg































20170521029.jpg































20170521030.jpg































20170521031.jpg































20170521032.jpg































20170521033.jpg































20170521034.jpg































20170521035.jpg































20170521036.jpg































20170521037.jpg































20170521038.jpg



たいへんお待たせしました


やっとですね、NF in 森、道、市場 レポートをお届けします


みんなが楽しんでいたのが印象的でした


初めましても、いつものメンツもありがとうございます




次回は、NF #07
場所は、リキッドルーム(東京/恵比寿)
時間は、5/22(月) 18:00 〜 23:00
NF #07は未成年の方もご来場いただけます
どうぞお楽しみに!







2017/5/12(fri)前夜祭

【NF】

サカナクション山口一郎が発起人となり、音楽のみならず、
ファッションやアート、テクノロジーなど様々な分野を取り上げ、
音楽に関わる音楽以外の新しいカタチを提案する複合カルチャーイベント"NF"が、
森、道、市場 2017の前夜祭の砂浜のステージをプロデュース。

山口一郎を筆頭に、NFのレジデントDJから、
ライゾマティクスリサーチのVJまでがラインナップ予定となり、
恵比寿リキッドルームで毎月行われているメンバー勢揃いで
森、道、市場の前夜祭を盛り上げます。

<NF>
山口一郎/and more...
VJ:ライゾマティクスリサーチ

http://nf.sakanaction.jp/





山口一郎(サカナクション)がオーガナイズする複合イベント -NF- とは???


既存の音楽イベントの枠にとらわれず、様々なジャンルのクリエイターが集う複合イベント


音楽という文化の視野を広げ、様々な分野に派生するサロン的な役割を目指しています




一郎くんの気持ちをシンプルにお伝えしますと


アート/ファッション/音楽の垣根を越えて交わってほしい!


世代も性別も交わって、気軽にお話ししてお互いに刺激を受けてほしい


そして10年後、20年後に、、


「スゲー!やられた!カッコイイ!」と嫉妬してしまうような


そんな、これからの音楽家が現れることを楽しみにしています


っということです














山口一郎(サカナクション)氏からの言葉を、、、






拝啓 音楽を愛するみなさまへ



僕達私達サカナクションは



リスナーの皆様の応援に


支えられここまで頑張ってこれました。



本当に、感謝しております。




デビューして8年



自分たちの音楽を世に放つ過程で


音楽に関わる様々な仕事があることを知りました



例えば


レコーディングエンジニア


PA


照明


テック


など



ビジュアル面に関しては


スタイリスト


ヘアメイク


映像ディレクター


カメラマン


など挙げれば切りがありません




プロフェッショナルな方々と出会い


その感覚や考え方、姿勢、作品などに


僕らは日々影響を受け続けております



そして気が付けば


そういった方々との関わり合いも含め


僕らにとっての


「音楽」になっていたのでした




しかし、そういった方々の仕事は



なかなかリスナーの皆様に


知ってもらえる機会が


少ないということも


音楽を続けていくうちに


知ることになったのです




「音楽を楽しむ空間で


音楽に関わる仕事のことも


知ってもらいたい。」




それによってもっと音楽の


楽しみ方が増えると


僕らは考えています




今までそのような活動を


できるだけしてきたつもりでしたが



なかなか本格的に動かして行く


チャンスがありませんでした




しかし、BASS草刈愛美の妊娠により



デビューして以来、


初めて夏フェスに


出演しない一年を


迎えることになって



今夏ようやく実現することができたのです




この「NIGHT FISHING」という


イベントを実現するにあたって



2015年1月3日に放送された


NHKスペシャル『NEXT WORLD』で


関わらせていただいた




Rhizomatiks 眞鍋大度氏



ANREALAGE 森永邦彦氏



スタイリスト 三田真一氏



ミュージシャン AOKI takamasa氏


に協力を仰ぎ




僕らの作品に関わってくれた人



これから関わっていきたい人を交え



恵比寿リキッドルームに



一つの空間を形成することにしたのです




このイベントは定期的に


継続していけたらいいなぁと思っています



いずれ音楽に関わる様々な職種の


ワークショップや展示なども


行っていきたいですし



海外のミュージシャンも呼びたいです




まだ夢のような話ですが



これまでもたくさんの方々に


支えられながら


夢を叶えてきましたし



これもきっと、大丈夫です




当日、恵比寿でお待ちしております





サカナクション 山口一郎


+http://nf.sakanaction.jpより引用








僕はといいますと、スタイリスト 三田真一氏からのお誘いをいただきまして


[NF] プロダクト部門をサポートすることになりまして約1年ちょっと


手がけたアイテムは下記になります


裏方として服を作ったり、EVENT時はステージ前に出没しています


気軽に声をかけてください、一緒に遊びましょう!!!




20161118026.jpg































20161118028.jpg































20161118029.jpg































20161118030.jpg



[MIlok] オフィシャル Instagram
[MIlok] オフィシャル Twitter
[MIlok] オフィシャル Facebook
May 17, 2017

CLUEL/DRESS DENIM TROUSERS/TASSELE LOAFER

20170519007.jpg































20170519008.jpg































20170519009.jpg





CLUEL/7月号/2017/vol.124


064ページにTASSEL LOAFERを紹介してもらいました


しかし、、、たいへん申し訳ございません


完売となりまして、次回の追加生産をお待ちください


134ページのDRESS DENIM TROUSERSのご紹介も、ありがとうございます






20170519010.jpg































20170519011.jpg



MATERIAL
素材はスーパー100sと機能性ポリエステル糸を混紡した上質なドレスデニム(綾織り)を再現してみました
こちらは色落ちがしませんのでご安心ください
ウール100%やコットンと比べて防臭効果があります
セットアップ用のスラックスとウエストコート(ベスト)もございます

DESIGN
VINTAGEとなる伝統や歴史に敬意を払い
服を構築する1つ1つの線に意味を持たせたコレクションとなります
W JKT用スラックスは1930年代の香りと型紙職人との共同作品としてリリースされています
デザイナー自身がこよなく愛する1930年代のスラックスのシルエットをベースとしています
太めのテーパードで裾は21cm幅ダブル始末
ウエストは編み込みドローコード+ゴム仕様のイージースラックス
BOXタック仕様でゆったりとしつつ、裾にかけてテーパードしています
裾丈は9分または8分とお考えください

STYLING
シンプルな無地Tシャツをパンツへタックインするだけでも雰囲気でますね
仕立ての良いシャツを合わせるとミニマルなモード感も
古着とのコーデも秀逸ですね
トラディショナルなスタイルにもカジュアルやスポーツアイテムとも相性がよろしいと感じます
皆さんの自由なコーディネイトを楽しんでください

CARE
ご家庭でお気軽に洗濯ができます
洗濯の基本は同色のモノと一緒に洗うことですね
色落ちするものや漂白剤を一部分に付けたアイテムと一緒に洗濯はお避けください
脱水後は形を整えてパンツハンガーで干していただけると嬉しいですね
乾燥機はNGです、縮んでしまいます
もちろんドライクリーニングも可能です
疑問や質問などありましたら、お気軽に[Milok]へお問い合わせください

素材 : Wool-50% Polyester-50%
Size,44(S)/ウエスト: 80cm 股下 : 59cm 裾幅 : 21cm
Size,46(M)/ウエスト: 83cm 股下 : 62cm 裾幅 : 22cm
Size,48(L)/ウエスト: 86cm 股下 : 65cm 裾幅 : 23cm
+ウエストはコードで小さく絞れます、そして各サイズ+10cmほど大きくもなります

MADE IN JAPAN
I HOPE YOU ENJOY MY CLOTHES
THANK YOU!!!



[Milok]:DRESS DENIM TROUSERS/INDIGO : ¥34,000-+TAXはこちらをクリック+






[MIlok] オフィシャル Instagram
[MIlok] オフィシャル Twitter
[MIlok] オフィシャル Facebook
May 17, 2017

2nd/UTILITY SS/1980' ENGLAND

20170519001.jpg































20170519002.jpg































20170519003.jpg































20170519004.jpg



2nd/7月号/2017/vol.124


022ページにUTILITY S/Sを紹介してもらいました


072ページのリメイクカーゴパンツは、、、たいへん申し訳ございません


完売となりまして、次回の追加生産をお待ちください


ありがとうございます






MATERIAL
1940年代~1980年代頃までの米国軍へアンダーウェアを支給していた
Pigrim社の縦に長いサーマルをベースに[Milok]ブランド設立当初よりお世話になっている
和歌山の機場にてオリジナルで製作した、ダブルフェイス(2重仕立て)
ニットのように見えて、どっしりとヘビーな質感を感じていただけると幸いです
3年5年と育てるTシャツという感覚ですね

DESIGN
VINTAGEとなる伝統や歴史に敬意を払い
服を構築する1つ1つの線に意味を持たせたコレクションとなります
肩縫い目を無くす事でリュックやナップサック、ショルダーバックの
装着時の肩へのコリコリとしたストレスを無くして
腕と肩の稼働域を拡張することに成功しました
ネック部分は3本ロック始末により首回りが伸びる事はありません
VINTAGEとニットを足して割ったような品格を演出できるので
1枚でさまになるカットソーとして御考えください
写真を参照ください

STYLING
定番となるジーンズに合わせるとシックな印象に
綺麗なシルエットのスラックスには落ち着きのあるボトルネックのニットとして
ショートパンツには+JKTまたはカーディガンもオススメです
しっかりとした生地感なので年間を通して愛用していただけるかと思います

CARE
洗濯の基本は同色のモノと一緒に洗うことですね
色落ちするものや漂白剤を一部分に付けたアイテムと一緒に洗濯はお避けください
脱水後は形を整えてハンガーで干していただけると嬉しいですね
疑問や質問などありましたら、お気軽に[Milok]へお問い合わせください

素材 : Cotton-100%
44(S)/身幅 : 106cm 着丈 : 63cm 袖丈 : 27cm
46(M)/身幅 : 112cm 着丈 : 66cm 袖丈 : 29cm
+1年前にリリースしていた物よりも身幅がワンサイズ大きめになっています+

MADE IN JAPAN
I HOPE YOU ENJOY MY CLOTHES
THANK YOU!!!



TEE : [Milok]:UTILITY SS/WHITE : ¥17,000-+TAXはこちらをクリック+








20170519005.jpg































20170519006.jpg たいへん申し訳ございません、こちらのリメイクパンツはSOLD OUTとなります


ミリタリーリメイク品は下記の年1回のイベントの際に追加製作する予定です


イベント情報はこちらのDIARYまたは下記の各種SNSにて必ず紹介いたします


気に入っていただけましたら、フォローお願いします


これからも[Milok]を応援してください



+イベント/We never went to war. / 戦争を知らないミリタリーはこちらをクリック+


+イベント/戦争を知らないミリタリー_ ZINEディレクターズカット版公開はこちらをクリック+







[MIlok] オフィシャル Instagram
[MIlok] オフィシャル Twitter
[MIlok] オフィシャル Facebook
May 16, 2017

ゆる〜いロングネックレス

20170517001.jpg































20170517002.jpg































20170517003.jpg































20170517004.jpg



お待たせしました


ゆる〜いロングネックレスが完成しました


1880年代〜1960年代製の10本をオンラインショップへUP完了です




シンプルなゆったりコーデには、ゆる〜いロングネックレスが気分


これから暑くなってくると、無地Tシャツとパンツだけではシンプルすぎる


そんな時は首元にネックレスを取り入れるだけでコーデのポイントができますね


ギラつくROCKな印象ではなくって


あくまでもクリーンなビンテージ、一点もの




毎日ビンテージ



やっぱりレトロな雰囲気がたまんない


ちょっとキズがあっても


エイジングがなんだか可愛く思えてくる


それが愛情ってヤツかもしれない




シンプルな服が好きだから


小物は永く使える良いものだけを選びたいですね


想像してごらん


これは20年間くらい一緒にいる愛用品なんだって、、、


そう言っている未来の自分自身を、、、




+milokweb ONLINE STOREはこちらをクリック+






[MIlok] オフィシャル Instagram
[MIlok] オフィシャル Twitter
[MIlok] オフィシャル Facebook
May 15, 2017

TV番組/夢のブラマヨ研究所/BLACK SUIT

20170515001.jpg



既にご存知の方もいらっしゃると思いますが


あるお方に [夢のブラマヨ研究所] という番組で、ブラック色の3ピース(上写真)を着用してもらいました


中にはストライプ織りのバンドカラーZIPシャツというスタイリングでしたね




噂がどこまで真実かは不明ですが


一時期ご体調を崩されて、心機一転、復帰して俳優業に邁進している様子です


頑張っている人、本気な人が好きなのでお貸出ししました


ありがとうございます






JKT: [Milok]:1B JKT:¥58,000-+TAX


VEST: [Milok]:WAST COAT/BLACK:¥28,000-+TAX


SHIRTS: [Milok]:ZIP SHIRTS/STRIPE/[裏MIlok]:¥25,000-+TAX


BOTTOM: [Milok]:EZ TROUSERS/BLACK:¥32,000-+TAX






[MIlok] オフィシャル Instagram
[MIlok] オフィシャル Twitter
[MIlok] オフィシャル Facebook
May 14, 2017

TV番組/ブンブブーン/POST GURKHA TROUSERS

20170514001.jpg



既にご存知の方もいらっしゃると思いますが


あるお方に [ブンブブーン] という番組で、グレイ色のパンツ(上写真)を着用してもらいました


VネックTシャツにミドル丈のカーディガン、CAPというスタイリングでしたね


ミュージシャンというよりもアーティストですよね、彼は


ありがとうございます




ラスト1点となります




PANTS: [Milok]:POST GURKHA TROUSERS/GREY:¥36,000-+TAX






[MIlok] オフィシャル Instagram
[MIlok] オフィシャル Twitter
[MIlok] オフィシャル Facebook

2013年8月
[Milok]のフラッグシップショップがオープン致します。
植物と小鳥たちのさえずりに囲まれた渋谷区神南に位置する
[犬と共に生活すること]を体現したショップ。

[Milok]
150-0041
東京都渋谷区神南1-3-11
03-6455-1440

OPEN:13:00-20:00