Show and Hide the Dashboard Home

Milok

SHIMADANTIQUES
3MW

Diary

DIARY

May 4, 2017

SNAP IS... / 結婚式編

20170503001.jpg































20170503002.jpg































20170503003.jpg































20170503004.jpg































20170503005.jpg































20170503006.jpg



今回のSNAP IS...は結婚式のイメージでコーデしてみました


バンドカラーシャツでくずしても


チーフとカフスリンクスとサイドゴアブーツで大人感をキープ


[Milok]を代表するアイテムとなる丸首ベストはクリーンな印象へと誘います




世にあるセットアップやスーツスタイルは、クラシック一辺倒で古臭く感じるものです


ましてや、いつものスーツ(仕事用)やブラックスーツで参加するのも、いかがなものかな?


シルバー色のネクタイや蝶タイをすればOK!というわけでもありませんよ


なぜなら、みなさんそれぞれが人生の主人公ですから、、、


そのように僕たちは考えています


だからといって、服が目立ってはいけませんね


あくまでも着用者のキャラクターを引き立たせてくれるのが服であり、コーディネイトの真骨頂です




モダンな感覚と本物のアンティークを織り交ぜたコーデは


落ち着いた印象ですが、きっと会場の中でも雰囲気がある人となるでしょう




コーディネイトって、、、どこをどのように意識したらいいか???


なかなか分からないものですよね、、、


そんな時はスタッフ相川のコーデ!!!


僕も信頼しているコーデの達人ですので、店頭にいたら気軽に話しかけてあげてください(笑)




TOP : [Milok]:1B JKT:¥58,000-+TAX


INNER : [Milok]:WAST COAT/BLACK:¥28,000-+TAX


SHIRTS : [Milok]:ZIP SHIRTS/WHITE:¥27,000-+TAX


BOTTOM : [Milok]:EZ TROUSERS/BLACK:¥32,000-+TAX


SHOES : [Milok]:MAKERS/LIMITED/サイドゴアブーツ:¥64,500-+TAX


CUFFLINKS : 1950年代:ヴィンテージ/トイプードル/Silver925製:¥36,000-+TAX


+上記をクリックするとオンラインショップへ+





[MIlok] オフィシャル Instagram
[MIlok] オフィシャル Twitter
[MIlok] オフィシャル Facebook
May 3, 2017

常識を疑った内部構造改革

20170502050.jpg































20170502051.jpg































20170502052.jpg































20170502053.jpg



僕の基本は常識を疑うこと


あたりまえをなぜ?と思い、探求していくことですね




そんな中、人生で初の完璧なサイドゴアを手に入れました!!!


ゴム部分はコードヴァン革のような深いシワが入り


スウェード部分も深く大きいシワが入ります


コノ子は異次元の履き心地とお客様から言われます ^_^




カジュアルなパンツには大人感を


セットアップやスーツスタイルにはこなれ感を




一度限りの生産となりますので、この機会をお見逃しなく!!!


詳細は下記をご覧くださいね


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
[Milok]直営店のみの取り扱いとなるアイテム
サイズは6(24cm)~10(28cm)まで展開しています
革靴の概念が確実に変わる、疲れしらずの逸品ですね

6(24cm) SOLD OUT
6h(24.5cm) ラスト1足
8(26cm) 残り2足
9(27cm) ラスト1足
9h(27.5cm) ラスト1足
10(28cm) ラスト1足
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

デザイン
ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが
MAKERSの代表アイテムとなる、REGINA/レジーナ/女王 をベースとしたサイドゴアブーツです
+REGINAとはMAKERSよりブランド設立8年目にして
 第一幕の集大成ともいうべきプレーントゥの靴のこと+

足首の適度な細さと、甲の上部のフィット感が特徴です
さらに横から見ると、足を入れる筒部分が後傾しているのを確認できると思います
そして小さい踵とくびれたフォルムはフィット感を最大化しています
なぜならば、、、
世にあるサイドゴアブーツは、足首と甲の上部の空洞が大きくて、パカパカしてしまうからです
サイドゴアブーツはそういうもの!とおっしゃるVINTAGEや伝統が好きな方もいらっしゃいます
そうですね、今までは、そういうものだと僕も思っていました、、、
このサイドゴアブーツに逢うまでは、、、

トゥの立ち上がりは、あくまでドレス靴のように、まるで鷹のくちばしのようです
しかし、真上からトゥを俯瞰すると米軍サービスシューズのような丸みがあります
無骨さと繊細さを残した印象を与えます

靴のフィット感を高める上で重要な、踵(カカト)
小さく小さく仕上げています
僕たちはヒップがコンバクトで美しい!と伝えています

ドレス向きのフォルムを持ちながらカジュアルなスウェード素材は
スーツスタイルにも、ジーンズ/チノパン/カーゴパンツ/オールインワン(ツナギ)まで幅広く
コーディネイトできてしまうのが、このサイドゴアブーツの魅力となります

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
グッドイヤーウェルト製法
前方のウェルト/コバ部分は張り出しがしっかりとあります
後方のウェルト/コバ部分はスッキリとしています
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
木型
オーソベティ/整形靴(モディファイドラスト)を基本としてます
日本人の足形を統計的に研究した[結晶] Eワイズ/甲が高めとお考えください
ウエスト(土踏まず)部分はかなり狭く しっかりと支えられている抜群のフィット感が特徴
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

SUPUR BUCK/スーパーバック(MADE IN ENGLAND)
スエード素材の中で非常に繊維が細かく しなやかで上品な印象を感じます
イギリスで1904年に創業された伝統あるタンナー
『CHARLES F. STEAD(チャールズ エフ ステッド)社』の代表的な1品
スエード、ヌバック、ベロア、スーパーバックといった起毛皮革の加工に優れ
多くのブランドに親しまれてきた歴史があります
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ソール
ソールはオイルベンズ(MADE IN MEXICO)を採用
オイルベンズとは MAKERS のスタンダードとなる底革
メキシコ製の繊維が詰まっている物にオイルをしっかり染み込ませているもの
特徴はしなやかで足のなじみがよく/地面の凹凸を感じやすく/なおかつ比較的滑りにくい
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ヒールはビルトライト/BILTRITE
USAワークや VINTAGE好きな方はご存知かもしれませんね
特徴はTricke'sもスタンダードとしている DINITE/ダイナイト よりも摩耗に強く
都市を中心としたコンクリートが多い地域では 最適だと思われます
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ライニング
靴の内側はヘリンボーン生地を採用
1960年代頃までの VINTAGE SHOES は生地がほとんどでした
なぜなら汗の吸収と乾燥が革より優れているからです
手嶋氏の VINTAGE靴への造形の深さと優しさの表れではないでしょうか
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
サイドのゴムリブ
フランス製の輸入品となります
国産品では伸びきってしまうゴムリブが多く、納得できる品質に出会うことがありませんでした
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
メンテンス
通常の革靴と同じブラッシングで十分です
履きシワ部分や踵の内側にアタリ(色が浅くなる)が出てきましたら
スウェード用の補色スプレーをかけて黒くしてあげてください
取り扱いは表革よりもラフでいいと思います
何よりもスウェードならではのエイジング、味わい、雰囲気を楽しんでもらいたいですね
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
*ご参考までに
 スタッフは甲は高め/ワイズは広めの日本人足です
 足の全長は25.5cm Size,7.5がジャストになります
 インポート革靴はUS8.5/UK7.5又は8 スニーカーはUS9が多いです
 僕はMAKERSの短靴では7Hです
 こちらは8がジャストサイズです
 理由としましては、足の甲がかなり高めだからです
 足の甲が薄めの方は短靴と同じサイズで問題ございません
 MAKERSのREGINAと同じ木型ですので、同じサイズ感覚ですね
 ご参考にしてください

*ソールとヒールの張り替えも可能です(有料)
 特にオールソール交換の際は、必ず弊社へお持ちください
 生産の時に使用した純正の木型に入れて、丁寧にオールソール交換をいたします
 弊社へ連絡くださいませ
 駅に併設されている、某リペア屋さんへはお持ち込みせぬようにお願いします

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 注意事項 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
PCやスマートフォンのアイテム写真と
実際の商品との色味が若干異なる場合があります
微妙な色味の違いも[手作業の良さ]として考えております
ご理解下さいませ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
MADE IN JAPAN
I HOPE YOU ENJOY MY SHOES
THANK YOU!!!


+milokweb ONLINE STORE/サイドゴアブーツはこちらから+
+上記をクリックするとオンラインショップへ+





[MIlok] オフィシャル Instagram
[MIlok] オフィシャル Twitter
[MIlok] オフィシャル Facebook
May 2, 2017

Rainbow Disco Club 2017への気持ち、、、

20170502030.jpg































17311252_1650368804990007_1268177058185735179_o.jpg 天気いい本日でしたね


UNOYOSHIHIKO氏はRDCへ


ライブペインティングに向かいました ^ ^


ので、彼の作品を野外へ持ち出してます




日向はあたたかく


日陰はひんやりと冷たく


まったくもって気持ちがいい一日




忘れもしない2010年GWに幕を開けたRainbow Disco Club


メインステージの大トリはDJ HARVEY でしたね


会場が東伊豆クロスカントリーコースへとなってから、、、行けてません、、、


一度は体験する価値がある春FESの1つです




そして昨年7月に[Milok]で開催した音楽EVENTにて参加していただいた


Kikiorix (Tresvibes Soundsystem) も登場しますよ


ちなみに上記のグラフィックもKikiorixの作品です


僕は今年は参加できませんが、みなさん最高にお楽しみくださいー




[Milok] x TRESVIBES SOUNDSYSTEMはこちらから
http://www.milokweb.com/diary/diary/milok_x_tresvibes_systematization.html




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
来年は5月3日(水・祝)から5日(金・祝)、ゴールデンウィークの3日間に伊豆半島・東伊豆クロスカントリーコースで開催。先行早割チケット(10,000円)は、本日9月5日(月)18時から楽天チケットにて数量限定で発売される。
 2010年から東京を拠点にスタートした「RAINBOW DISCO CLUB」は、2014年まで晴海客船ターミナル特設会場を中心に開催。2015年から会場を伊豆半島・東伊豆クロスカントリーコースに移し、本格的な野外フェスティバルへと大きく姿を変えた。今年2016年には、Gilles Peterson、NIGHTMARES ON WAX、RUSH HOUR ALLSTARS、RADIO SLAVE、THE BLACK MADONNA、DJ NOBUらが出演した本フェスティバル。来年のラインナップは後日発表される予定とのこと。

■Rainbow Disco Club オフィシャルホームページ
http://www.rainbowdiscoclub.com

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
■ Line up
FLOATING POINTS / RDC EXCLUSIVE: DJ NOBU B2B FRED P
HESSLE AUDIO (BEN UFO / PANGAEA / PEARSON SOUND)
20 YEARS OF RUSH HOUR: SPECIAL GUEST: SADAR BAHAR
RUSH HOUR ALLSTARS (ANTAL / HUNEE / SAN PROPER)
LIVE SESSION: SOICHI TERADA × KUNIYUKI × SAUCE81
LIVE: FATIMA YAMAHA / DJ DUSTIN From GIEGLING
KENJI TAKIMI / KAORU INOUE / KIKIORIX / SISI
GERD JANSON / PALMS TRAX
SKEME RICHARDS B2B DJ NORI / KEITA SANO
AKIKO KIYAMA / 77 KARAT GOLD × KASHIF
SAPPHIRE SLOWS / WONK / MISO
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
DATE: 2017-05-03 〜 2017-05-05
VENUE: 東伊豆クロスカントリーコース
DOOR: 16,000円 / 3DAYS
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
+http://www.rainbowdiscoclub.comを参照しています+





[MIlok] オフィシャル Instagram
[MIlok] オフィシャル Twitter
[MIlok] オフィシャル Facebook
May 1, 2017

BANGLE/STERLING/追加生産のお知らせ

20170306001.jpg































90160890_o3.jpg


たいへんお待たせしました


おかげさまで追加生産分の先行受注を承ります


ご希望の方は、そのままお進みください


納期予定は 5/20 となりますので、今しばらくお待ちください




錆びることも腐食することもなく経年変化を楽しめるシルバー925製


いいものを長く愛用したい方にはオススメです


[時]や[空気]を歴史として刻みながら 共に歩んでいければ幸いです


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


最小限のデザインと相反する要素を1つのバングルへと


装飾やフリンジに使われる丸革をシルバープレートへ埋め込んだデザイン


天然素材となる革のエネルギーを感じていただけると思います


ソリッドな印象と相反する着用した時の滑らかな肌ごこちを体感してください




アノニマスを基本理念としたデザインは着用者の個性を


そっと前へ引き出してくれるでしょう


一捻りある飾らない個性とでもいいましょうか




経験豊かなジュエリー職人と共に製作したバングルは STERLING の刻印と共に


STERLING とは Silver925製 という欧米の表記方法となります


欧米では代々継承される一家の家宝として 家紋やイニシャル入りのカトラリー製品がございます


antiqueマーケットでは500年前などの逸品も発掘される場合も




少なくとも100年200年と存在するであろうSilver925製品は


[時]や[空気]を歴史として刻みながら 共に歩んでいければ幸いです



バングル幅 8mm


丸革/WHITE色/NATURAL色



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
+サイズ調整方法の注意点+
BANGLEの輪の中心部(丸革が無い部分)をしっかり押さえて
両方のアームを片方づず徐々に徐々にゆっくりゆっくり小さく
または徐々に徐々にゆっくりゆっくり大きくしてください
NGな方法は両方のアームだけを力をいれて一気に曲げることです
そうしますと、中心部(丸革が無い部分)に亀裂が入る場合がございますので
お気をつけください
世にある様々なジュエリーブランド(ハイブランド)でも同じような事例が報告されています
扱い方のポイントを知っていただき、ありがとうございます
末永く愛用していただけると幸いです
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



+milokweb ONLINE STORE/BANGLE/STERLING/WHITEはこちらをクリック+









[MIlok] オフィシャル Instagram
[MIlok] オフィシャル Twitter
[MIlok] オフィシャル Facebook
May 1, 2017

derive1.0 / minimal

18217339_1321920791217691_1458588935_n.jpg



derive1.0 / minimal



一日を通して変化をしていくアンビエント音を中心に、ライブ、VJ、写真展示


フードと様々な角度からミニマルをテーマにそれぞれの出演者が[Milok]を彩るイベントを開催します


いつもとちがう[Milok]の空間をお楽しみください


エントランスフリーですのでお気軽に




当日は、店内をカメラや光センサーを配置し人の動きによって音が鳴る


インタラクティブなアンビエントがBGMとなります




皆さまお誘い合わせの上


是非ともお出かけ下さいますよう


スタッフ一同心から、楽しんでお待ち申し上げます





+参加クリエイター+
Kazuki Sugawara/Music http://anref.jp/
Ai Kamano feat,Saiko Yano(フルート)/Live http://kamanoai.com/
Yoshiko Akita/VJ  http://akitayoshiko.com/
Miki Takahira/Photo http://mikitakahira.com/
ahodori/Food&Drink  https://www.instagram.com/ahoandtori/


+お品書き+
アホウドリ弁当 ¥1200-
レモンカードのスコーン ¥300-
ミニマル串 ¥250-
ガージェリービール(取扱店限定) ¥750-
モヒート(ノンアルコール) ¥500-


+日程+
5月6日(土曜日) 13:00〜20:00


+会場+
[Milok] フラッグシップショップ
150-0041
東京都渋谷区神南1-3-11
03-6455-1440









[MIlok] オフィシャル Instagram
[MIlok] オフィシャル Twitter
[MIlok] オフィシャル Facebook
April 30, 2017

UNOYOSHIHIKO POP UP EVENTレポート

20170430001.jpg































20170430002.jpg































20170430003.jpg































20170430004.jpg































20170430005.jpg































20170430006.jpg































20170430007.jpg



さてと、GWのスタートから晴天に恵まれた UNOYOSHIHIKO POP UP EVENT


ガラスコップ (フランス製/ARC社) に描かれているのは晩年のマティス


いいでしょ???


これは毎日が楽しくなりますね


[Milok]店舗にて、いつも使っているARC社のガラスコップ


この巨匠シリーズを増やしていきたい気持ちが高ぶります


あげません、一点だけの僕のです(笑)




UNOYOSHIHIKO氏のライプペインティングは本日まで


相川とUNO氏とお待ち申し上げます








2016年度末の SOTO_NO_ATELIER/第2弾 でもご好評でありました


UNOYOSHIHIKO氏の POP UP EVENT を開催します






+SOTO_NO_ATELIER #02 UNOYOSHIHIKOはコチラをクリック+
http://www.milokweb.com/diary/diary/post_680.html





僕とは20年来の付き合いがあるUNOYOSHIHIKO氏は、ハートフルで優しい人


今回は僕からの提案として、ガラスコップに彼のペイントをしてもらいます


みなさんはお気に入りのお題(好きなこと/好きなもの/好きなイメージなど)を彼に投げかけてください


彼がイメージを膨らませて、即興でガラスコップに描いてくれます


+ペンは水洗いしても落ちにくい耐熱耐候の特殊なものを使用します
 ペンの色はWHITEとBLACKのみとなります+





透きとおるガラスにPOPなイラストが浮き上がる


コップの中に入れるものはART作品のキャンバスの存在


ほっと温めてくれるカモミールや挽きたてのコーヒー、ビール


アイスとヨーグルトとブルーベリーやマンゴーを盛り付けてもカワイイ


春の野花を摘んできて、花瓶かわりに


もちろん使い方はご自由に!!!






他にもUNOYOSHIHIKOスーベニアグッズも盛りだくさん


お近くのさいは、是非とも足を伸ばして遊びにいらしてください






UNO YOSHIHIKO
http://www.unoyoshihiko.com
1978年青森生まれ。
大学で工業プロダクトデザインを学ぶ。
スタイリスト古田ひろひこ氏に師事し2007年独立。フリーでスタイリストとして活動する傍ら、アパレルの仕事をきっかけにグラフィックアーティストとして活動を開始。アパレル、広告、雑誌、CD・MVのアートディレクション、店舗ディスプレイ、企業コラボやツアーグッズのデザインを手がける等、独自のポップアートを生み出している。2016年には音楽家/大橋トリオさんの全国ツアーTシャツのイラストも手がけています。

2014
Exhibition at multi-brand store "WISM"(原宿)
2014
Solo exhibition "something in my head" at MIDORI.SO(青葉台)
2016
Exhibition "Williams burger" at Sacrament fig(岡山、名古屋巡回)
2016
Solo exhibition "This is a helluva world" at Rainbowsoko 3(下北沢)
2016
POP-UP Shop "Phablic Market" at Paddlers coffee(幡ヶ谷)
2016
POP-UP Shop "SOTO_NO_ATELIER" at [Milok](渋谷)
2017
POP-UP Shop at Rainbowsoko 3(下北沢)


◆イベントグッズ
 ●作品プリントパネル●ZINE●1点物ハンドペイントグッズ●ハンドペイントマグ
 ●ハンドペイント皿●ポストカード●キャンバストート●Tシャツ
 ●ガラスコップにイラスト製作(@5000)
 ●マグカップにイラスト製作(@5000)
 ●小さいキャンバスにイラスト製作(@5000)
 ●持ち込みアイテムにイラスト製作(@5000)





◆イベント名
 UNOYOSHIHIKO POP UP EVENT

◆開催日時
 4/29土曜日〜5/5金曜日 13時〜20時
 作品とグッズ類を販売しています

◆開催場所
 [Milok]フラッグシップショップ
 〒150-0041 東京都渋谷区神南1-3-11
 ☎03-6455-1440

◆LIVE PAINT POP UP 4/29土曜日と4/30日曜日 13時〜20時
 UNOYOSHIHIKO氏による作品やオリジナル雑貨の販売、持ち込みいただいたアイテムにその場でイラストを描いていただけます(有料)。当日は浦和のパン屋「Petit Riche」の本場のフランスのお菓子とコーヒーでおもてなしさせていただきます。どなたでもご参加できますので、ご友人お誘いの上ご来場ください。





[MIlok] オフィシャル Instagram
[MIlok] オフィシャル Twitter
[MIlok] オフィシャル Facebook
April 28, 2017

-NF- イベントレポート

20170428030.jpg































20170428031.jpg































20170428032.jpg































20170428033.jpg































20170428035.jpg































20170428036.jpg































20170428037.jpg































20170428038.jpg































20170428039.jpg































20170428040.jpg



楽しかったですね


NF1Rは18:00〜23:00の終電で帰宅できる時間のEVENT


仕事終わってからの方も、学校帰りにワクワクしながら来た方も


EVENTのスタートが山口一郎くんに飛ばされたと思います(笑)


しかもね、DJブースがダンスフロアーの中央という特殊な配置


よかったですよね




NF関係者フリーマーケットも大好評だった模様で


僕もSTYLIST三田真一ブースのヘルプに入ってサポートしました


また次回は5月、お楽しみに!!!




山口一郎(サカナクション)がオーガナイズする複合イベント -NF- とは???


既存の音楽イベントの枠にとらわれず、様々なジャンルのクリエイターが集う複合イベント


音楽という文化の視野を広げ、様々な分野に派生するサロン的な役割を目指しています




一郎くんの気持ちをシンプルにお伝えしますと


アート/ファッション/音楽の垣根を越えて交わってほしい!


世代も性別も交わって、気軽にお話ししてお互いに刺激を受けてほしい


そして10年後、20年後に、、


「スゲー!やられた!カッコイイ!」と嫉妬してしまうような


そんな、これからの音楽家が現れることを楽しみにしています


っということです




次回は、NF
場所は、リキッドルーム(東京/恵比寿)
時間は、5月
どうぞお楽しみに!













山口一郎(サカナクション)氏からの言葉を、、、






拝啓 音楽を愛するみなさまへ



僕達私達サカナクションは



リスナーの皆様の応援に


支えられここまで頑張ってこれました。



本当に、感謝しております。




デビューして8年



自分たちの音楽を世に放つ過程で


音楽に関わる様々な仕事があることを知りました



例えば


レコーディングエンジニア


PA


照明


テック


など



ビジュアル面に関しては


スタイリスト


ヘアメイク


映像ディレクター


カメラマン


など挙げれば切りがありません




プロフェッショナルな方々と出会い


その感覚や考え方、姿勢、作品などに


僕らは日々影響を受け続けております



そして気が付けば


そういった方々との関わり合いも含め


僕らにとっての


「音楽」になっていたのでした




しかし、そういった方々の仕事は



なかなかリスナーの皆様に


知ってもらえる機会が


少ないということも


音楽を続けていくうちに


知ることになったのです




「音楽を楽しむ空間で


音楽に関わる仕事のことも


知ってもらいたい。」




それによってもっと音楽の


楽しみ方が増えると


僕らは考えています




今までそのような活動を


できるだけしてきたつもりでしたが



なかなか本格的に動かして行く


チャンスがありませんでした




しかし、BASS草刈愛美の妊娠により



デビューして以来、


初めて夏フェスに


出演しない一年を


迎えることになって



今夏ようやく実現することができたのです




この「NIGHT FISHING」という


イベントを実現するにあたって



2015年1月3日に放送された


NHKスペシャル『NEXT WORLD』で


関わらせていただいた




Rhizomatiks 眞鍋大度氏



ANREALAGE 森永邦彦氏



スタイリスト 三田真一氏



ミュージシャン AOKI takamasa氏


に協力を仰ぎ




僕らの作品に関わってくれた人



これから関わっていきたい人を交え



恵比寿リキッドルームに



一つの空間を形成することにしたのです




このイベントは定期的に


継続していけたらいいなぁと思っています



いずれ音楽に関わる様々な職種の


ワークショップや展示なども


行っていきたいですし



海外のミュージシャンも呼びたいです




まだ夢のような話ですが



これまでもたくさんの方々に


支えられながら


夢を叶えてきましたし



これもきっと、大丈夫です




当日、恵比寿でお待ちしております





サカナクション 山口一郎


+http://nf.sakanaction.jpより引用








僕はといいますと、スタイリスト 三田真一氏からのお誘いをいただきまして


[NF] プロダクト部門をサポートすることになりまして約1年ちょっと


手がけたアイテムは下記になります


裏方として服を作ったり、EVENT時はステージ前に出没しています


気軽に声をかけてください、一緒に遊びましょう!!!




20161118026.jpg































20161118028.jpg































20161118029.jpg































20161118030.jpg



[MIlok] オフィシャル Instagram
[MIlok] オフィシャル Twitter
[MIlok] オフィシャル Facebook
April 27, 2017

mouse on the keys/European Tour 2017

17424637_1335907646456081_6619183154842432334_n.jpg



[MIlok]がLIVE衣装を提供している mouse on the keys


[Milok]の最新コレクションと共にヨーロッパツアーへ出陣 ^ ^


よろしくどうぞっ




"mouse on the keys European Tour 2017 w/ Mutiny On The Bounty"
2017.4.28 Luxembourg @Rotondes
2017.4.29 Liège, Belgium @KulturA
2017.4.30 Brighton, UK @Patterns
2017.5.1 London, UK @Rich Mix London
2017.5.3 Würzburg, Germany @Cairo
2017.5.5 Copenhagen, Denmark @Vega
2017.5.6 Hamburg, Germany @Molotow
2017.5.8 Prague, Czech Republic @Underdogs' Ballroom & Bar
2017.5.9 Berlin, Germany @Kantine am Berghain
2017.5.11 Duisburg, Germany @Grammatikoff
2017.5.12 Mainz, Germany @Kulturclub Schon Schön
Tickets: topshelfrecords.co.uk/motktour





[MIlok] オフィシャル Instagram
[MIlok] オフィシャル Twitter
[MIlok] オフィシャル Facebook
April 27, 2017

ANA SKY SHOP/向井理さん

20170428001.jpg



俳優・向井理さんにご着用してもらい


旅と家族の思い出を語ってくれました


ありがとうございます




空港をご利用の際はANA SKY SHOP冊子をご覧ください ^_^




TOP: [Milok]:PULLOVER JKT/GREY:¥27,000-+TAX


INNER: [Milok]:UUTILITY LONG WAST COAT/WHITE:¥18,000-+TAX


+上記をクリックするとオンラインショップへ+





[MIlok] オフィシャル Instagram
[MIlok] オフィシャル Twitter
[MIlok] オフィシャル Facebook
April 26, 2017

4/29〜 UNOYOSHIHIKO POP UP EVENT

UNOYOSHIHIKO_フライヤー.jpg



2016年度末の SOTO_NO_ATELIER/第2弾 でもご好評でありました


UNOYOSHIHIKO氏の POP UP EVENT を開催します






+SOTO_NO_ATELIER #02 UNOYOSHIHIKOはコチラをクリック+
http://www.milokweb.com/diary/diary/post_680.html





僕とは20年来の付き合いがあるUNOYOSHIHIKO氏は、ハートフルで優しい人


今回は僕からの提案として、ガラスコップに彼のペイントをしてもらいます


みなさんはお気に入りのお題(好きなこと/好きなもの/好きなイメージなど)を彼に投げかけてください


彼がイメージを膨らませて、即興でガラスコップに描いてくれます


+ペンは水洗いしても落ちにくい耐熱耐候の特殊なものを使用します
 ペンの色はWHITEとBLACKのみとなります+





透きとおるガラスにPOPなイラストが浮き上がる


コップの中に入れるものはART作品のキャンバスの存在


ほっと温めてくれるカモミールや挽きたてのコーヒー、ビール


アイスとヨーグルトとブルーベリーやマンゴーを盛り付けてもカワイイ


春の野花を摘んできて、花瓶かわりに


もちろん使い方はご自由に!!!






他にもUNOYOSHIHIKOスーベニアグッズも盛りだくさん


お近くのさいは、是非とも足を伸ばして遊びにいらしてください






UNO YOSHIHIKO
http://www.unoyoshihiko.com
1978年青森生まれ。
大学で工業プロダクトデザインを学ぶ。
スタイリスト古田ひろひこ氏に師事し2007年独立。フリーでスタイリストとして活動する傍ら、アパレルの仕事をきっかけにグラフィックアーティストとして活動を開始。アパレル、広告、雑誌、CD・MVのアートディレクション、店舗ディスプレイ、企業コラボやツアーグッズのデザインを手がける等、独自のポップアートを生み出している。2016年には音楽家/大橋トリオさんの全国ツアーTシャツのイラストも手がけています。

2014
Exhibition at multi-brand store "WISM"(原宿)
2014
Solo exhibition "something in my head" at MIDORI.SO(青葉台)
2016
Exhibition "Williams burger" at Sacrament fig(岡山、名古屋巡回)
2016
Solo exhibition "This is a helluva world" at Rainbowsoko 3(下北沢)
2016
POP-UP Shop "Phablic Market" at Paddlers coffee(幡ヶ谷)
2016
POP-UP Shop "SOTO_NO_ATELIER" at [Milok](渋谷)
2017
POP-UP Shop at Rainbowsoko 3(下北沢)


◆イベントグッズ
 ●作品プリントパネル●ZINE●1点物ハンドペイントグッズ●ハンドペイントマグ
 ●ハンドペイント皿●ポストカード●キャンバストート●Tシャツ
 ●ガラスコップにイラスト製作(@5000)
 ●マグカップにイラスト製作(@5000)
 ●小さいキャンバスにイラスト製作(@5000)
 ●持ち込みアイテムにイラスト製作(@5000)





◆イベント名
 UNOYOSHIHIKO POP UP EVENT

◆開催日時
 4/29土曜日〜5/5金曜日 13時〜20時
 作品とグッズ類を販売しています

◆開催場所
 [Milok]フラッグシップショップ
 〒150-0041 東京都渋谷区神南1-3-11
 ☎03-6455-1440

◆LIVE PAINT POP UP 4/29土曜日と4/30日曜日 13時〜20時
 UNOYOSHIHIKO氏による作品やオリジナル雑貨の販売、持ち込みいただいたアイテムにその場でイラストを描いていただけます(有料)。当日は浦和のパン屋「Petit Riche」の本場のフランスのお菓子とコーヒーでおもてなしさせていただきます。どなたでもご参加できますので、ご友人お誘いの上ご来場ください。





[MIlok] オフィシャル Instagram
[MIlok] オフィシャル Twitter
[MIlok] オフィシャル Facebook

2013年8月
[Milok]のフラッグシップショップがオープン致します。
植物と小鳥たちのさえずりに囲まれた渋谷区神南に位置する
[犬と共に生活すること]を体現したショップ。

[Milok]
150-0041
東京都渋谷区神南1-3-11
03-6455-1440

OPEN:13:00-20:00