Show and Hide the Dashboard Home

Milok

SHIMADANTIQUES
3MW

Diary

June 16, 2017

JUVENIA/18K YELLOW GOLD/懐中時計

20170616001.jpg































20170616003.jpg































20170616002.jpg































20170616004.jpg



いつかは1つ、、、と憧れがある懐中時計


凛として粋なものかもしれません、、、






VINTAGE時計セレクトの基準
時代と共に変化していくデザイン性や雰囲気と内部(キャリバー)の品質を重視することで
ブランドではなくフラットな感覚でヴィンテージ時計を迎え入れてほしいと思います

[JUVENIA/18K YELLOW GOLD/懐中時計]
1850年に創業という、、、ロレックス等の他のメーカーよりも遥かに古く、ゆうに160年の歴史がある時計会社です。ブランド名は「若さ・青春・春」を意味しており、創立以来、金にダイヤモンドやルビーをあしらった宝飾時計を得意としてきました。歴史的逸話としては、19世紀末にジュベニアの宝飾懐中時計が当時のオーストリア皇帝に献上され、この時から王冠と「J」の組み合わせがロゴマークとなっています。そして、JUVENIAもOMEGAと同様に高精度を追究するこの天文台コンクールに参加し、数々の優秀な成績を収めています。19世紀後半のスイス時計は、すべて職人たちの手作業によって作られるものでした。そのため大量生産ができずに生産効率も決して良いとはいえません。また職人の技量による逸品を誕生させてきたのがJUVENIAです。年間生産数はかなり少なく希少、まさに時計業界の[実用的な芸術性]を追求してきた稀有な存在なのです。このジュベニアが日本に初めて輸入されたのは以外と古く、1904年(明治37年)のことだそうです、玄人好みの時計として日本人に長く愛用されてきました。曾祖父さんあたりならば、ご存知かもしれませんね。昭和30年代~40年代には、どの時計店にもジュベニア・エニカ・シーマいう当時のスイス時計御三家が沢山置いてあったそうな、、、。その中でもジュベニアが群を抜いてデザインも良く、薄型の精度の良い機械(キャリバー/ムーブメント)が入っていたそうです。このモデルは1900年代~1910年代の個人的なオーダ品かもしれません。なぜならば、全てのデザインが普通のようで普通でない仕様、当時の少量生産ラインにも乗らない、、、でしょう、、、。しかも、専用保護ケース付きというのもJUVENIA博物館級の逸品と思われます。まずは18金のケースは当時としては薄い作りですね、中身のキャリバーの優秀さが見て取れます、当時の一般生産品の懐中時計は大きくて重い。そして18金ケースのベゼル(文字盤の周り)部分にインデックス(1~12数字)を加えるという一手間かけた仕上げです。2枚目の裏蓋をご覧ください、JUVENIA、BALANCIER COMPENSATEUR PRECISION CHRONOMETRIQUE/精度はクロノメーター級という意味です。クロノメーターという基準をクリアーした精度高いキャリバー(中身)が搭載されています。(中身)の状態も素晴らしく、ご安心ください。クロノメーターとは天文台で精度検定を受けた時計、クロノメーター検定協会による検定に合格した機械式時計を意味します。スイスのヌーシャテルやジュネーブ、イギリスのキュー、フランスのブザンソンなど、時計業界では知られた天文台では時計の精度を競うコンクールが開かれていました。JUVENIAもOMEGAと同様に高精度を追究するこの天文台コンクールに参加し、数々の優秀な成績を収めています、その証がCHRONOMETRIQUEという彫り込みですね。JUVENIA上部に彫られているロゴマークも意味深いです。理由としては両端のライオンのちょうど真ん中に J のマークが入るはずなのですが、ありませんね。おそらく J が入る以前の王族家紋といえるはずです、そのような意味合いにおいても貴重な逸品ですね。もちろん裏蓋には18K/0.750の刻印がございますので、ご安心ください。文字盤は約100年前と思えないほどの美しさを保っています、おそらく蔵または引き出しの奥に大切に保管されていたと思われます(笑)そのおかげで、この子の最大の特徴となる[空白の美]が凛として現代へ宿ります。???お気づきかもしれませんが文字盤にはインデックス(1~12数字)がございません、鉄道線路を意識したレイルウェイが配されリズミカルでクラシカル。数字6の部分に配置されているスモースセコンド(秒を表す部分)はとても小さく空白の美しさを強調しています。スモールセコンドは1950年代が最後となり1960年代以降は無くなるディテールです。時針はシェイプが可憐なスペードTYPE、分針は珍しいダブルリーフTYPE(僕が勝手に名前を付けました、こんな針を見たことがなく、WEB検索にも引っかからないので、、、)、針の色味はケースとリューズの雰囲気に合わせたのでしょう、、、コッパー(銅)のような色味ですね、経年変化はほとんどなく、コッパー色に綺麗に輝いております。時計サイズは42mmという今現在の腕時計基準サイズになります(笑)、現存する懐中時計よりも小さく薄い、これもひとえにJUVENIAの開発技術の賜物ですね。他と被らない懐中時計をお探しならば是非ともオススメしたい一品です。黒い革ベルトでは少しのドレス感を、、、スーツスタイルにも最適です。オリジナルのベルトも付随しておりますので、そちらはスポーツカジュアルな印象を与えると思います。ヴィンテージ時計はギャップという感覚を楽しむ大人の遊び心かもしれません。定期メンテナンスや修理依頼などもお気軽にご相談くださいませ。

メーカー  :JUVENIA
モデル名  :懐中時計(専用保護ケース付き/素材は鉄と思われます)
製造年代  :1900年代~1910年代
製造国   :スイス
ケース   :18K YELLOW GOLD(18金無垢)
リューズ  :18K YELLOW GOLD(18金無垢)
       リューズの素材は不明です、おそらく専用保護ケースとのバランスを考慮して鉄と思われます
       リーズと紐を通すDカンとリューズが通る柱は間違いなく18K YELLOW GOLD(18金無垢)です
キャリバー :手巻き
紐     :シルク製の組紐(ボルドー色)/約32cm
ケース幅  :42mm(リューズ除く)
状態    :文字盤は全体的に目立つダメージはなく美しい状態です
       キャリバー(内部)の状態もよろしいです
保証期間  :6ヶ月(購入時より)
精度    :日差1分程度(古いものですので、おおらかにつき合って頂けると時計も嬉しいです)

[Milok]のVINTAGE時計セレクト品は、先代より続くヴィンテージ時計専門家のサポートいただいております。全品において稼働チェック&オーバーホール済みの安心してお使いいただける逸品となります。ヴィンテージウォッチは近年、中古市場で良品の不足が顕著です。リアルヴィンテージと呼ばれる修正を加えていない良品は、古き良き時代の[香り]と[デザイン]が魅力的です。次世代への技術継承と、魅惑的なヴィンテージウォッチの発展に微力ながら貢献できればと考えております。

スイス時計ブランド [JUVENIA/ジュベニア] 歴史
創業:1850年
~大胆な構図をもつ「アーキテクチャー」~
ジュベニアは1850年に創業した名門であると同時に、日本には一番最初に進出したメーカーでもある。創立以来、金にダイヤモンドやルビーをあしらった宝飾時計を得意としてきた。その完成度の高さとデザインの美しさには定評がある。しかし、なんといっても印象深いのが、すでに50年代に登場していたが「アーキテクチャー」だろう。建築を意味するとおり幾何学的な配色が特徴で、どこかロシア構成主義を彷彿させるのもいい。
「ウオッチ・ア・ゴーゴー No.38」より引用


[ヴィンテージウォッチ取扱いのご注意]
*防水性について*
 アンティークウォッチには防水性能はありません。水・汗等には十分にお気を付けください。
 また、極度の高温・低温になる場所は故障の原因となります。
 (ストーブ等の熱源の近く・サウナ・直射日光・車のダッシュボード・寒冷地)
 温度差が激しい場所でのご使用は結露が生じる場合があるのでお控えください。
*衝撃について*
 ほとんどのアンティーク/ヴィンテージウォッチには耐震装置がありません。
 落下・強くぶつける・激しいスポーツ等は故障の原因となりますのでご注意ください。
*ゼンマイ巻上げについて*
 手巻き式時計では、ゼンマイを巻く際はゆっくり巻き上げ、
 巻き止まったらそれ以上力を加えないで下さい。
 (ゼンマイが切れることがあります。)
 なお、自動巻きの場合はリューズを20~30回ほど巻き上げてご使用ください。
*磁気について*
 強い磁気を発生させる物に近づけると、時計が磁気を帯び、精度不良の原因となります。
 バッグ類のマグネット式留め金・磁気入り健康器具・スピーカー・テレビ
 電子レンジ・携帯電話等には近づけないで下さい。
*保管について*
 保管の際は汗・汚れ等を柔らかい布で拭取り、風通しがよく乾燥した場所に収納して下さい。
 なお、防虫剤は時計油を劣化させますのでご注意下さい。
*オーバーホール(分解掃除)について*
 オーバーホールの目安は3~5年です。問題がなくても定期的なメンテナンスをお勧めします。
 なお、水没等、水入りが生じた場合は、可及的速やかにオーバーホールをしてください。
 機械が錆びて修復不可能になる事があります。

I HOPE YOU ENJOY MY VINTAGE WATCH.
THANK YOU!!!





+milokweb ONLINE STORE/JUVENIA/18K YELLOW GOLD/懐中時計はこちらをクリック+





[MIlok] オフィシャル Instagram
[MIlok] オフィシャル Twitter
[MIlok] オフィシャル Facebook
Prev
Next

2013年8月
[Milok]のフラッグシップショップがオープン致します。
植物と小鳥たちのさえずりに囲まれた渋谷区神南に位置する
[犬と共に生活すること]を体現したショップ。

[Milok]
150-0041
東京都渋谷区神南1-3-11
03-6455-1440

OPEN:13:00-20:00