Show and Hide the Dashboard Home

Milok

SHIMADANTIQUES
3MW

Diary

OTHER

October 21, 2017

<安藤忠雄展 ―挑戦―>/ mouse on the keys 内覧会&レセプションヘ

21271012_1492504410796403_3186293855576687581_n.jpg


























20170929002.jpg


























20170929001.jpg


























20170929003.jpg


























20170929004.jpg


























20170929006.jpg



国立美術館10周年展「安藤忠雄展」内覧会&レセプションヘ参加してきました


もちろんですね、 mouse on the keys の3人には[MIlok] 特別仕様 BLACKスーツを!!!




彼らのコラボレーションとなる音作品は


会場中央にある、安藤忠雄氏の代表作 [直島インスタレーション]


丸いスペースには3つのプロジェクター映像とLEDライティング、そして音


直島プロジェクトは30年前よりスタートしています


こちらのインスタレーションも、そんな時間を意識してゆったりと体験してもらいたいですね




これからも[Milok]/mouse on the keys を応援してください











20170929005.jpg mouse on the keys メンバーと一緒に、、、


右)川崎昭/ドラム担当
着用アイテム/W JKT/EZ TROUSERS/ZIP SHIRTS/MAKERSサイドゴアブーツ
右2番目)新留大介/ピアノ担当
着用アイテム/1B JKT/EZ TROUSERS/丸首WAST COAT/ZIP SHIRTS/MAKERS(REGINAプレーントゥ)
左2番目)清田敦/ピアノ担当
着用アイテム/1B JKT/MOTERCYCLE SUIT/ZIP SHIRTS/MAKERS(REXブーツ)
左)島田勝典/衣装協力/[Milok]デザイナー







ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
+https://www.facebook.com/mouse-on-the-keys-102395546473970/ を参照しています+
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
We proudly announce that mouse on the keys has composed music for the upcoming exhibition "TADAO ANDO : ENDEAVORS" at the National Art Center, Tokyo. The new music written for the installation is entitled "The Beginnings / The Prophecy (TADAO ANDO: ENDEAVORS version)" and is to be released digitally on October 18 worldwide."I've been inspired by great architectures by Tadao Ando, especially by "Chichu Art Museum" in Naoshima. It is not just an architecture, but it is a large scale installation art or even (it is) music, I felt. How could he make concretes to such silky texture? How could he make such a tranquil space? This time, we wanted to express and give back the aesthetics on his works through making music." ―Akira Kawasaki Please find the details of the exhibition at www.tadao-ando.com/exhibition2017 (English / Japanese)

建築 x 音楽の新たなる挑戦
「安藤忠雄展」インスタレーションの音楽担当にmouse on the keysが抜擢!
元プロボクサー、独学で建築を学ぶ―という異色の経歴で知られる建築家 安藤忠雄。1969年より「都市ゲリラ」として建築設計活動をスタート。以来、既成概念を打ち破るような斬新な建築作品を次々と世に送り出し、1990年代以降はその活躍の舞台をアジア、ヨーロッパ、アメリカなど各国に広げた。その安藤忠雄の半世紀に及ぶ挑戦の軌跡と未来への展望を紹介する国立新美術館開催10周年「安藤忠雄展 ―挑戦―」の開催が決定。展覧会のハイライトの一つである『直島の一連のプロジェクト』インスタレーションの音楽担当に、日本を代表するインストゥルメンタルバンド、mouse on the keysが抜擢された。mouse on the keysは、ポスト・ハードコア、テクノ、現代音楽などをミックスした全く新しいサウンドを作り出し、ミニマルで幾何学的抽象を思わせる映像演出によるライブパフォーマンスで、国内のみならず、海外でも多大な人気を誇っている。これまで北米、南米、ヨーロッパ、アジアの各国を勢力的にツアーし、2016〜2017年にかけての北米ツアーでは、ロサンゼルス、シアトル、フィラデルフィアなどの都市でソールドアウトとなり、その勢いはとどまるところを知らない。

mouse on the keys川﨑昭コメント:
私は、安藤忠雄建築の中でも、特に直島の地中美術館から作曲する上での大きなインスピレーションを得て来ました。これはもはや単なる建物ではなく、巨大なインスタレーションであり、音楽であると感じました。コンクリートという素材が、なぜここまでシルクのような手触りになるのか?この静謐な空間はどのようにして作られたのか?我々は、安藤忠雄建築から受け取った美意識を、今回音楽で表現しお返ししたい、そんな思いで作曲しました。

展示会にて使用される楽曲は「The Beginnings / The Prophecy (TADAO ANDO: ENDEAVORS version)」と名付けられ、10月18日よりデジタル配信リリースが決定している。「都市ゲリラ」として建築の既成概念を打ち破る安藤忠雄、「音楽ゲリラ」として音楽の既成概念を打ち破るmouse on the keys。異例のコラボレーションは無限の可能性を再確認できる場となるだろう。「安藤忠雄展 ―挑戦―」は9月27日より国立新美術館にて開催される。

<安藤忠雄展 ―挑戦―>
会 期: 2017年9月27日(水)〜 12月18日(月)
休館日: 毎週火曜日
開館時間: 10時〜18時 金曜日・土曜日は20時まで
※9月30日(土)、10月1日(日)は22時まで
※入場は閉館30分前まで
場 所: 国立新美術館 企画展示会1E+野外展示場
〒106-8558 東京都港区六本木7-22-2 http://www.nact.jp
主 催: 国立新美術館、TBS、朝日新聞社
共 催: 安藤忠雄建築展実行委員会
後 援: 一般社団法人 東京建築士会、TBSラジオ
公式サイト: http://www.tadao-ando.com/exhibition2017/





[MIlok] オフィシャル Instagram
[MIlok] オフィシャル Twitter
[MIlok] オフィシャル Facebook
September 8, 2017

Marcus Henriksson at Mother

20170904050.jpg



9/9(土)、この日も注目の世界観を造る Marcus Henriksson がVENT/青山に登場


有機的で桃源郷のようなストーリー、目をつぶって朝まで踊れますね


VENTサウンドシステムをお楽しみください


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
+https://clubberia.com/ja/events/271134-Marcus-Henriksson-at-Mother/ を参照+
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


S.O.S FESTIVAL や LABYRINTH、STARGATE などで、幾度となく伝説的なセッションライブを披露し、日本のアウトドアカルチャー創世記から、数多のオーディエンスを魅了してきた、2人の天才によるユニット MINILOGUE と SON KITE より、" MARCUS HENRIKSSON "の待望の再来日が決定。VENT初公演となる本公演は、OPEN to LASTの7hセット。MINILOGUE、SON KITE をはじめ、サイケデリックテクノを主軸としたソロ名義 NOBODY HOME といった様々なプロジェクトで Cocoon や Mule 等の名門レーベルからリリースされた作品は、スピリチュアルかつオーガニックで、シリアスなサウンドスケープが特徴。ここ日本でも非常に高く評価されてきた緻密に構成されたストーリー感溢れる魔法のようなプレイを、VENTの誇るサウンドシステムでぜひ体験して欲しい!




2017-09-09 SAT
OPEN:
23:00
VENUE:
VENT
PRICE:
¥3,500

LINE UP:
=ROOM1=
Marcus Henriksson aka Son Kite
(Home Records / Minilogue / Nobody Home / from Sweden)

- OPEN TO LAST 7h Set -

=ROOM2=
Astro Boy(Astron)
Ita(Primitive)
Nagai
Shotaro Maeda(Eden)

Candle Art
AKARiYA





20170904051.jpg Marcus Henrikssonとは?
デビュー以来長い間、ライブアクト・DJとして世界中のオーディエンスを魅了している MARCUS HENRIKSSON。日本にもSTARGATE、LABYRINTH等でで何度となく来日しその都度大きな反響を呼んできた北欧トランスシーンの確立に影響を与えた一人である。盟友 Sebastian Mullaert とともにMinilogue/Son Kiteとして成功を収め、Cocoon, Mule and Wagon Repairなどの名門レーベルからリリースした作品人気を博しシーンに影響を与えたが、現在は活動を休止。現在はソロとして、音を通じ自己とのつながりを大切にしながら曲作りを行い、 Home Recordsの運営するなど、 スウェーデンの南端の街、マルメから車で約一時間の深い森の中のスタジオで大地と宇宙の波動が融合したかのようなスピリチュアルでオーガ ニックかつシリアスな世界観を体感させる音楽を生み出している。常にMarcus本人が初めて体感した野外パーティーでの衝撃を、という考えを軸とするDJセットは緻密に考えられたストーリーをもち魔法のようでありトランス体験ができるセットであるといえよう。
Marcus Henriksson aka Minilogue, Son Kite, Nobody Home (Home Records)Along side his 20 year musical career; Marcus follows and propagates a path of spiritual development and healing by means of yoga, meditation and eheogens, and he has always allowed the brain cleansing and soul soothing effects of this journey to bleed over into his production. At the same time, he has been living in his own forest studio deep in the woods an hour away from Malmo, so it's no wonder his sounds are so organic and spiritual.Marcus has achieved a lot before now, most notably as Minilogue alongside Sebastian Mullaert. Although that project is now dormant after releases on labels like Cocoon, Mule and Wagon Repair, it still gets together to play live. The pair's other collaborative effort, Son Kite, is still active however, and remains a foremost psychedelic trance act.Now largely back to working solo, the multi-discipline creator that is Marcus is back on his mission of creating a psychedelic ritual and taking listeners on a journey by using their communal gathering and his music as a vehicle to carry audiences past their own fears and limitations. Marcus believes we can connect to something greater that lies beyond our ordinary life and perception, and if we really let go of everything, even letting go of the sense of "I", we might connect to our true self."Releasing his music on his own label Home Records. As a DJ, Marcus always taps into his first rave experiences, where he was won over by musical journeys long into the night, but also deep into himself. Because of that, he now likes to build connections with his dancefloor and considers every festival and club he headlines as a sacred and holy experience, which always plays out in the magic of his music as it unfolds through supple dub, heady techno, intensely smooth rhythms and mind altering ideals. Aiming to lock listeners into a trance by whatever means he can, Marcus Henriksson is a modern day musical magician.

【動画】
https://youtu.be/OZFUGDohuX0



OFFICIAL WEB SITE: http://www.MarcusHenriksson.com


FACEBOOK: http://www.facebook.com/djNobodyHome


SOUNDCLOUD: http://www.soundcloud.com/MarcusHenriksson






[MIlok] オフィシャル Instagram
[MIlok] オフィシャル Twitter
[MIlok] オフィシャル Facebook
September 6, 2017

<安藤忠雄展 ―挑戦―>/ mouse on the keys

21271012_1492504410796403_3186293855576687581_n.jpg



‪[Milok]がLIVE衣装を提供している ‬mouse on the keys が‼️‬


国立美術館10周年展「安藤忠雄展」インスタレーションの音楽担当に抜擢されました ‬


むちゃくちゃ嬉しいですね ‬


デジタル音源配信は10/18〜となります




これからも [Milok] と‪ mouse on the keys を応援してくださいっ






ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
+https://www.facebook.com/mouse-on-the-keys-102395546473970/ を参照しています+
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
We proudly announce that mouse on the keys has composed music for the upcoming exhibition "TADAO ANDO : ENDEAVORS" at the National Art Center, Tokyo. The new music written for the installation is entitled "The Beginnings / The Prophecy (TADAO ANDO: ENDEAVORS version)" and is to be released digitally on October 18 worldwide."I've been inspired by great architectures by Tadao Ando, especially by "Chichu Art Museum" in Naoshima. It is not just an architecture, but it is a large scale installation art or even (it is) music, I felt. How could he make concretes to such silky texture? How could he make such a tranquil space? This time, we wanted to express and give back the aesthetics on his works through making music." ―Akira Kawasaki Please find the details of the exhibition at www.tadao-ando.com/exhibition2017 (English / Japanese)

建築 x 音楽の新たなる挑戦
「安藤忠雄展」インスタレーションの音楽担当にmouse on the keysが抜擢!
元プロボクサー、独学で建築を学ぶ―という異色の経歴で知られる建築家 安藤忠雄。1969年より「都市ゲリラ」として建築設計活動をスタート。以来、既成概念を打ち破るような斬新な建築作品を次々と世に送り出し、1990年代以降はその活躍の舞台をアジア、ヨーロッパ、アメリカなど各国に広げた。その安藤忠雄の半世紀に及ぶ挑戦の軌跡と未来への展望を紹介する国立新美術館開催10周年「安藤忠雄展 ―挑戦―」の開催が決定。展覧会のハイライトの一つである『直島の一連のプロジェクト』インスタレーションの音楽担当に、日本を代表するインストゥルメンタルバンド、mouse on the keysが抜擢された。mouse on the keysは、ポスト・ハードコア、テクノ、現代音楽などをミックスした全く新しいサウンドを作り出し、ミニマルで幾何学的抽象を思わせる映像演出によるライブパフォーマンスで、国内のみならず、海外でも多大な人気を誇っている。これまで北米、南米、ヨーロッパ、アジアの各国を勢力的にツアーし、2016〜2017年にかけての北米ツアーでは、ロサンゼルス、シアトル、フィラデルフィアなどの都市でソールドアウトとなり、その勢いはとどまるところを知らない。

mouse on the keys川﨑昭コメント:
私は、安藤忠雄建築の中でも、特に直島の地中美術館から作曲する上での大きなインスピレーションを得て来ました。これはもはや単なる建物ではなく、巨大なインスタレーションであり、音楽であると感じました。コンクリートという素材が、なぜここまでシルクのような手触りになるのか?この静謐な空間はどのようにして作られたのか?我々は、安藤忠雄建築から受け取った美意識を、今回音楽で表現しお返ししたい、そんな思いで作曲しました。

展示会にて使用される楽曲は「The Beginnings / The Prophecy (TADAO ANDO: ENDEAVORS version)」と名付けられ、10月18日よりデジタル配信リリースが決定している。「都市ゲリラ」として建築の既成概念を打ち破る安藤忠雄、「音楽ゲリラ」として音楽の既成概念を打ち破るmouse on the keys。異例のコラボレーションは無限の可能性を再確認できる場となるだろう。「安藤忠雄展 ―挑戦―」は9月27日より国立新美術館にて開催される。

<安藤忠雄展 ―挑戦―>
会 期: 2017年9月27日(水)〜 12月18日(月)
休館日: 毎週火曜日
開館時間: 10時〜18時 金曜日・土曜日は20時まで
※9月30日(土)、10月1日(日)は22時まで
※入場は閉館30分前まで
場 所: 国立新美術館 企画展示会1E+野外展示場
〒106-8558 東京都港区六本木7-22-2 http://www.nact.jp
主 催: 国立新美術館、TBS、朝日新聞社
共 催: 安藤忠雄建築展実行委員会
後 援: 一般社団法人 東京建築士会、TBSラジオ
公式サイト: http://www.tadao-ando.com/exhibition2017/





[MIlok] オフィシャル Instagram
[MIlok] オフィシャル Twitter
[MIlok] オフィシャル Facebook
September 5, 2017

Julietta, So Inagawa presented by allwet

20170904060.jpg



9/8(金)、漆黒のグルーヴマスターの2人がVENT/青山に登場


一緒に遊びましょう〜


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
+https://clubberia.com/ja/events/271733-Julietta-So-Inagawa-presented-by-allwet/ を参照+
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


現在では世界でも数少ない楽曲リリースなしでワールドワイドDJとして活躍するDJの中のDJの一人であるJuliettaとDJ Masdaと共にCabaret Recordingsを設立し、Logo QueenとSensibilliaで世界的なヒットを記録したSo InagawagaがVent初登場。Fuse Londonのメインアーティストの一人であるJun Akimotoも出演決定と国内外の世界トップアーティストが肩を並べる豪華なラインナップ!


Juliettaは、ミュンヘンの伝説のクラブHarry Kleinにはじまり、SushitechやロンドンのトップパーティーHalf Bakedなどヨーロッパの数多くのパーティーのレジデントに起用され、4回目のアメリカツアーやジャパンツアーを行うなど、10年以上も間、年間のギグが100本をこえるスーパーDJの一人だ。コレクトしたレコードは6000枚以上にものぼり、並外れた音楽センス、ダンス・フロアを知り尽くしたDJスキルと的確なレコードをチョイスする直観で、新旧を織り交ぜたディープかつダビーなハウスからテクノ、ミニマルまでを自在にミックスし、一晩のセットをビルドアップしていく。


So Inagawaは、2013年、DJ Masdaと共にCabaret Recordingsを設立し、自身のEP Logo QueenとSensibilliaで世界的なヒットを記録した。2015年、初のヨーロッパツアーを大成功させ、2017年2年の沈黙を破りニューリリースを発表。 ヨーロッパで最もホットなパーティーの一つ"FUSE LONDON"のメインアーティストの一人として現在は、京都を拠点に活動するJun Akimoto。盟友IttetsuやYoshitacaとの楽曲がコンスタントにFuse London、Metroline LTD等のアンダーグラウンドダンスミュージックシーンを形成するクオリティーレーベルから数多くリリースされるなどプロデューサーとしても活躍している。

世界中から注目を集める豪華アーティストのパフォーマンスを東京の街で体感できる貴重な夜になるはずだ。



2017-09-08 FRI
OPEN:
23:00
VENUE:
VENT
PRICE:
¥3,500
LINE UP:

=ROOM1=
Julietta (Half Baked)
So Inagawa - live - (Cabaret Recordings)
Jun Akimoto (Fuse London)

=ROOM2=
EITA
Len Tajima (#FLUX)
MASSA (BOHEMIAN GROVE)
Machiko (Street Smart)
ama&genki (steelo)







20170904061.jpg Juliettaとは?
90年代前半、JuliettaがMoodymannとMaurizioらの楽曲によってエレクトロニック・ミュージ ックの世界へとインスパイアーされて以来、熱烈なハウスミュージックファンとなった。彼らの暖か いメロディーとグルーヴは、彼女を魅了、そのすぐ後、シカゴハウスやデトロイトのレアなレコード を買い漁るため、レコードショップをめぐり、自身のコレクションをスタートさせることとなった。 彼女の意欲と野心が、南ドイツ地域では初となるエレクトロニック・ミュージックのラジオショーを ローカル局で担当することへと導いた。そして90年代後半、伝説的なミュンヘンのクラブ "Ultraschall"ではじめて DJ としてプレイし、そのままレジデント DJ としてのオファーを受け承諾することになった。Juliettaは、すぐさまミュンヘンで人気DJとなり、一年後にはドイツの国境を越え、ヨーロッパの 様々国でDJとして素晴らしい評価を得た。精力的な活動を続けながら、現在は、Love Paradeや Sonnemondsternなどの大型フェスティバルからPanoramabar (Berlin), Robert Johnson (Frankfurt), Rex (Paris), Fabric (London), Eleven (Tokyo), Arma17 (Moscow), ReSolute (New York) などの世界中のトップクラブを毎週のように駆け巡っている。Harry Klein のレジデント DJ を務める傍らヨーロッパの数多くのクラブでもレジデントとなり、年間のギグが100 本をこえるスーパーDJへと成長した。コレクトしたレコードは6000枚以上にものぼり、並外れた音楽センス、ダンス・フロアを知り尽く したDJスキルと的確なレコードをチョイスする直観で、新旧を織り交ぜたディープかつダビーなハウ スからテクノ、ミニマルまでを自在にミックスする。そして最後のレコードまでクラウドをロックし 続け、彼女のユニーク手法で一晩のセットをビルドアップしていく。2009年、Harry Klein Recordsのレーベルオーナーとして、その手腕を発揮し、2012年まで他の Harry Kleinレジデントともに運営した。2010年、シーンの中でも著しく一目を置かれるレーベル Sushitechの一員となり、2年間長きにわたって望んできた、世界中で行われたレーベルナイトでプレイすることとなった。Cocoon Heroes への出演やロンドンのトップパーティーHalf Bakedに Seuil, Mike Shannon や le Loupとともにレジデントに起用された。2013年からは、Harry Klein にて盟友 ANA とともにSlave to the Rhythmというレギュラーパーティーを開催し、Praslea、Ion LudwigやThe Moleなど先進的なブッキングも大きな注目を浴び、ヨーロッパの他の都市でも開催した。4 回目のアメリカツアー成功ののちに、アメリカのウェブラジオNoiceで、2カ月に一度、自身の番組を持った。そしてオーストラリデビューを果たし、日本でも2013年暮れに初のジャパンツアーを行った。2014年、マンスリーレギュラーとしてミュンヘンのBobBeamanにてサンディーデイタイムパーテ ィーUFOでプレイし始め、Slave To The Rhythm Nightも同じく開催をスタートした。Juliettaは、現在では世界でも数少ない楽曲リリースなしでワールドワイドDJ として活躍するDJの中のDJの一人なのだ。

SOUNDCLOUD: http://www.soundcloud.com/julietta








20170904062.jpg SO INAGAWAとは?
DJ MASDAと共に"Cabaret Recordings"主宰。レコードいっぱい出している人。東京を拠点に活動するSO INAGAWAは、2005年にフランスのレーベル"Telegraph"よりデビューして以来、"Minimood、Relaxine"といった国内外のハウス・テクノのレーベルから数多くの12インチを発表してきた。2013年にはDJ MASDAと共に、元々はクラブイベントであった「Cabaret」をレーベルとして始動させ、第1弾、第2弾リリースとして発表したSO INAGAWAのEPはいずれも世界的なヒットを記録。今や日本のミニマルシーンにおける最重要プロデューサーの1人である。"Cabaret Recordings"は現在の国内レーベルのなかで最も評価されているもののひとつ。リリースされた全ての作品に対してリプレスのオーダーが絶えないほどの人気をもつ。またSO INAGAWAも絶えぬオファーがあるにもかかわらず、自身のイベント「Cabaret」以外でライブ出演することはなく、今回の「RAINBOW DISCO CLUB 2015」出演は非常に貴重な機会。作品のクオリティのみで、ここまで世界中から評価されるアーティストは稀。今年リリースしたばかりの自身初アルバム「Integritithm」は現在絶賛発売中。レコードは即日完売。孤高の天才がついにVENTに初登場。

FACEBOOK: https://www.facebook.com/cabaret365


SOUNDCLOUD: https://soundcloud.com/hauznated






[MIlok] オフィシャル Instagram
[MIlok] オフィシャル Twitter
[MIlok] オフィシャル Facebook
August 17, 2017

白TEE/白シャツの真っ白洗濯術

20170817001.jpg 大汗と手汗をかく体質と、犬の散歩のために日焼け止めをしているつもりの人です(笑)


しょうがないんですけれども、この時期の白TEE/白シャツは


ものの見事に黄色くなります


これは?皮脂?それとも日焼け止めクリーム?


そんな真夏の思いを、見事に打ち消してくれるのが [食器用洗剤/JOYくん]


噂によると [majika] も効果ありそうですね、、、


正直にいうと、、、一手間かかって面倒ですが、、、


驚くほどの [黄ばみ] と [臭い] を無くしてくれますよ




まずは、シャワーのついでに


ぬるめのお風呂のついでに、、、


給水最高温度マックス60度(一般的かと???)で洗濯物全体を


まんべんなくまんべんなく、じっくりと濡らす?蒸す?温める?溶かす気持ちでおおらかに


給水最高温度マックスが重要です、白TEEに触れることはできますが、ギリギリ熱いです(笑)


その後に首回り重点部分に [食器用洗剤/JOYくん] をツーーーっと


一滴ではなく、ちょっと気持ち多めに、、、


そしてモミモミして、約1時間くらい、、、ほったらかしにしましょう


うっかりと朝になってしまうことも多いです、、、


消臭が目的の場合は、バケツに水温60度をTシャツが浸るくらいでJOYくん多めにツーーーとして


そのまま、ほったらかしてください




その後はしっかりと[すすぎ]をした後に


いつも通りに洗濯機へポーンと入れてください、、、


脱水後/乾燥後の白TEE/白シャツは見違えるほどの白さ!!!


TVのCMにも出れるんじゃ〜ないかな???というくらいに臭いも無くなっています(笑)




価格は200mlで¥108〜¥128ほどでお手頃ですね、3回分の詰め替え用もオススメ


強烈な黄ばみの場合は、大きめの鍋で湯煎しながら60度を1時間ほどKEEPした方が効果的かと思います


ご参考までに、、、






[MIlok] オフィシャル Instagram
[MIlok] オフィシャル Twitter
[MIlok] オフィシャル Facebook
August 7, 2017

ペトロールズ/リキッドルーム13周年記念 LIVE

20170807001.jpg 新デザインの生みの苦しみの中、、、


ペトロールズのシャワーを浴びに ( ̄▽ ̄)


ミネラルやビタミンと同じだな〜っと




いつも長岡くん!ありがとうね






[MIlok] オフィシャル Instagram
[MIlok] オフィシャル Twitter
[MIlok] オフィシャル Facebook
August 4, 2017

Fasten Musique x Vis Rev Set

20170717001.jpg



どうしよう、、、


またしても、奇跡的なEVENTが 8/6(日)に開催されます


そして昨年7月に[Milok]で開催した音楽EVENTにて参加していただいた


RESVIBES SOUNDSYSTEM / Vis Rev Set の3人集も登場しますよ


この日も一緒に遊びましょうー!!!




[Milok] x TRESVIBES SOUNDSYSTEMはこちらから
http://www.milokweb.com/diary/diary/milok_x_tresvibes_systematization.html






ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
Fasten Musique x Vis Rev Set @Riverside Cafe Cielo y Rio

会場:Riverside Cafe Cielo y Rio 
Web:http://www.cieloyrio.com/

日時:2017年08月6日(日) 13:00 - 21:00
料金:Door 3500yen | ¥3000 w/Flyer

Club -5F- 
Tresvibes Soundsystem(SATOSHI OTSUKI、DJ PI-GE、KIKIORIX)
Yasu(Fasten Musique)
Sinob Satosi(Fasten Musique)

Terrace -7F-
SISI
word of mouth
Ryokei
Machiko

Fasten Musique
https://soundcloud.com/fastenmusique
http://www.fastenmusique.com/

Vis Rev Set
http://tresvibes.tv/
https://soundcloud.com/tresvibes-tokyo
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
+https://www.facebook.com/events/1336779429703411/?fref=ts を参照+
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



SATOSHI OTSUKI
国内外を問わずにボーダレスなジャンルの超個性派アーティストが集結するパーティー"TRESVIBES "のフロントマン。そしてダンスミュージックの聖地とも呼ばれるスペインのイビサ島で絶大な人気を誇るパーティー"Circo Loco"のレジデントDJであり、日本ではそのサウンドプロデューサーを務める。2009年からの、世界でもその名を轟かせるロンドンの老舗クラブ"The End"でのギグを皮切りに、ヨーロッパを代表するパリの"Rex Club"やロンドンの"Ministry Of Sound"に出演。さらにオランダのアムステルダムで開かれる世界でも最も権威のあるフェスティバルとしても有名な"ADE"(Amsterdam Dance Event)や、同都市のトップクラブ"Studio 80"、ベルリンを代表するクラブ"WATERGATE"への出演など、世界各国でツアーを行なっている。国内においては、日本では初となった20,000人を動員するFat Boy Slimの公式ビーチパーティー"Big Beach Festival"のレジデントアーティストとして3度出演。その後、 FUJI ROCK FESTIVAL、ULTRA MUSIC FESTIVAL、WOMB ADVENTURE、WIRED CLASHなどに出演。様々なフェスティバルからのオファーは絶えず、活動の場は世界の第一線にまで広がっており、今や日本屈指のアーティストとして世界的に支持される一人である。作品では、盟友Kikiorixとの共作EP"Summer Time"をベルリンのFrequenza Limitedよりリリース。2014年にはTRESVIBES SOUNDSYSTEM名義で自身のレーベル"VIS REV SET"よりMIX CDを発表。2015年には楽曲"Tom Cruise"がRichie Hawtinが主宰するレーベルMINUSより発売されたコンピレーションMIX CD"Enter Ibiza Mix By Hito"に選出。


DJ PI-GE
新旧テクノ、ハウスを織り交ぜ、彼独特のグルーブを発信し続けるそのDJスタイルの始まりは90年代後半から地元大阪にてDJ・オーガナイザー活動をスタート。現在はロングランパーティーとなったTRESVIBES のオーガナイズ兼レジデントDJとして活躍中。これまでにRaum...Musik、Pan Records、Autoreply、Arpa recordsでEPをリリース。海外ツアーも積極的にこなしドイツPanorama BarやRobert Johnson、Watergate、フランスREX CLUBなどでプレイ。最近では南米デビューも果たした。また、TRESVIBESから派生したDJユニット「TRESVIBES SOUNDSYSTEM」としても活動し、今年2016年のフジロックフェスティバルのレッドマーキーステージに出演を果たした。2014年に自身のレーベル"Vis Rev Set"をローンチさせ、オフィシャルミックスCD「PLAYGROUND」をリリース、また2016年に同レーベルからヴァイナルオンリーで続々とリリースが予定されている。


KIKIORIX
TRESVIBES SOUNDSYSTEMとしてSATOSHI OTSUKI、DJ PI-GEと共にWOMBでのレギュラーパーティーTRESVIBESをメインに活動中。都内を中心に国内の様々なクラブでプレイし、WOMB ADVENTURE、WIRED CLASH、FUJI ROCK FESTIVALやULTRAJAPANなどのフェスティバルへの出演経験も持つ。また海外でのプレイ経験もあり、これまでにFabric London、THE END/AKA London、Space Ibiza、Tresor Berlinなどでプレイしてきた。2000年代にはロンドンに留学し、Tomoki Tamuraと共にHOLICのレジデントを務め、その時のイーストロンドンでの様々な経験が現在のプレイスタイルに反映されている。21歳の時に初めて楽曲をリリースをしてから制作も続けており、これまでにKingsize RecordsやPhonique主宰Ladies & Gentlemen などから12インチEPを、また2013年にはファーストアルバムをリリースしている。TRESVIBE SOUNDSYSTEMとしても2014年にはVIS REV SETレーベルを立ち上げ、ミックスCDをリリースした。またグラフィックデザイナーとしても活動中。


Yasu
バックグラウンドであるハウスミュージックの洗礼を受け、DJ 活動をスタート。 DJ と平行し 2005年頃より渋谷宇田川町のレコードショップ、TECHNIQUE のバイヤーとして勤め、そこで培われた知識に裏打ちされたプレイはハウス~ノイズまで幅広い。2013年夏よりARTEMIS@UNIT/OATH をスタート。2016年よりFasten Musiqueへ参加。


SISI
東京屈指の酸過多地帯、国分寺の同胞DJ、Zuyackからサイケデリックカルチャーの洗礼をうけDJを開始。2005年、レーベル 「Timothy Really」を立ち上げるとともに、2011年までSpace lab yellowから発祥されたレジェンドパーティー「Real Grooves」のレジデントを務める。その後、担った渋谷「SECOBAR」のブッキングマネージャーの体験を糧に、 DJ Pige、Ryo Murakami率いる「Pan Records」、可変型モバイルギグ「DDD」、虹色発光レイヴ「Rainbow Disco Club」の住人として日本発未来経由のダンスフロアめざして日々放浪中。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
+http://www.clubberia.com/ja/artists/を参照+







[MIlok] オフィシャル Instagram
[MIlok] オフィシャル Twitter
[MIlok] オフィシャル Facebook
July 25, 2017

Fuji Rock Festival '17/mouse on the keys

19554085_1432019730178205_3297581438855777054_n.jpg



[Milok]がLIVE衣装をサポートする mouse on the keys が2度目のフジロックです


7/28(金)RED MARQUEE 深夜のPLANET GROOVEで4:15からパフォーマンスします


yahyel、 Arca DJ & Jesse Kanda AV、EVAN CHRIST (DJ Set)、Clarkという


最高の流れでトリを努めてくれます


yahyelは今年4月の仙台でも一緒にLIVEしていましたね


ふるってご期待ください!!!




ちなみになのですが


こちらの Fuji Rock Festival '17 のポスターデザイン


思い出していただけた方もいらっしゃるかもしれません


そうなのです、昨年から[MIlok]にてスタートしている [SOTO NO ATELIER]というイベントに


参加してもらった ASUKA WATANABE氏 なのです


ダブルで嬉しいわけです、はい


+SOTOのATELIER/レセプション/#01 ASUKA WATANABE/はこちらをクリック+






"FUJI ROCK FESTIVAL '17"
2017.07.28(fri), 29(sat), 30(sun)
(mouse on the keys play on 7/28 at RED MARQUEE )
@Naeba Ski Resort, Yuzawa-cho, Niigata Pref.
[Artist line-up]
Aphex Twin, Gorillaz, Bjork, The XX, LCD Soundsystem, Major Lazer, Queens of the Stone Age, Cornelius, Lorde, Catfish and the Bottlemen, Rhye, Arca DJ & Jesse Kanda AV, Clark, Dats, Evian Christ, Sampha, The Avalanches, Death Grips, Nina Kraviz, Takkyu Ishino, The Strypes, Tha Blue Herb, Bonobo and many more...
fujirockfestival.com





[MIlok] オフィシャル Instagram
[MIlok] オフィシャル Twitter
[MIlok] オフィシャル Facebook
July 18, 2017

Fasten Musique x Vis Rev Set

20170717001.jpg



どうしよう、、、


またしても、奇跡的なEVENTが 8/6(日)に開催されます


そして昨年7月に[Milok]で開催した音楽EVENTにて参加していただいた


RESVIBES SOUNDSYSTEM / Vis Rev Set の3人集も登場しますよ


この日も一緒に遊びましょうー




[Milok] x TRESVIBES SOUNDSYSTEMはこちらから
http://www.milokweb.com/diary/diary/milok_x_tresvibes_systematization.html






ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
Fasten Musique x Vis Rev Set @Riverside Cafe Cielo y Rio

会場:Riverside Cafe Cielo y Rio 
Web:http://www.cieloyrio.com/

日時:2017年08月6日(日) 13:00 - 21:00
料金:Door 3500yen | ¥3000 w/Flyer

Club -5F- 
Tresvibes Soundsystem(SATOSHI OTSUKI、DJ PI-GE、KIKIORIX)
Yasu(Fasten Musique)
Sinob Satosi(Fasten Musique)

Terrace -7F-
SISI
word of mouth
Ryokei
Machiko

Fasten Musique
https://soundcloud.com/fastenmusique
http://www.fastenmusique.com/

Vis Rev Set
http://tresvibes.tv/
https://soundcloud.com/tresvibes-tokyo
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
+https://www.facebook.com/events/1336779429703411/?fref=ts を参照+
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



SATOSHI OTSUKI
国内外を問わずにボーダレスなジャンルの超個性派アーティストが集結するパーティー"TRESVIBES "のフロントマン。そしてダンスミュージックの聖地とも呼ばれるスペインのイビサ島で絶大な人気を誇るパーティー"Circo Loco"のレジデントDJであり、日本ではそのサウンドプロデューサーを務める。2009年からの、世界でもその名を轟かせるロンドンの老舗クラブ"The End"でのギグを皮切りに、ヨーロッパを代表するパリの"Rex Club"やロンドンの"Ministry Of Sound"に出演。さらにオランダのアムステルダムで開かれる世界でも最も権威のあるフェスティバルとしても有名な"ADE"(Amsterdam Dance Event)や、同都市のトップクラブ"Studio 80"、ベルリンを代表するクラブ"WATERGATE"への出演など、世界各国でツアーを行なっている。国内においては、日本では初となった20,000人を動員するFat Boy Slimの公式ビーチパーティー"Big Beach Festival"のレジデントアーティストとして3度出演。その後、 FUJI ROCK FESTIVAL、ULTRA MUSIC FESTIVAL、WOMB ADVENTURE、WIRED CLASHなどに出演。様々なフェスティバルからのオファーは絶えず、活動の場は世界の第一線にまで広がっており、今や日本屈指のアーティストとして世界的に支持される一人である。作品では、盟友Kikiorixとの共作EP"Summer Time"をベルリンのFrequenza Limitedよりリリース。2014年にはTRESVIBES SOUNDSYSTEM名義で自身のレーベル"VIS REV SET"よりMIX CDを発表。2015年には楽曲"Tom Cruise"がRichie Hawtinが主宰するレーベルMINUSより発売されたコンピレーションMIX CD"Enter Ibiza Mix By Hito"に選出。


DJ PI-GE
新旧テクノ、ハウスを織り交ぜ、彼独特のグルーブを発信し続けるそのDJスタイルの始まりは90年代後半から地元大阪にてDJ・オーガナイザー活動をスタート。現在はロングランパーティーとなったTRESVIBES のオーガナイズ兼レジデントDJとして活躍中。これまでにRaum...Musik、Pan Records、Autoreply、Arpa recordsでEPをリリース。海外ツアーも積極的にこなしドイツPanorama BarやRobert Johnson、Watergate、フランスREX CLUBなどでプレイ。最近では南米デビューも果たした。また、TRESVIBESから派生したDJユニット「TRESVIBES SOUNDSYSTEM」としても活動し、今年2016年のフジロックフェスティバルのレッドマーキーステージに出演を果たした。2014年に自身のレーベル"Vis Rev Set"をローンチさせ、オフィシャルミックスCD「PLAYGROUND」をリリース、また2016年に同レーベルからヴァイナルオンリーで続々とリリースが予定されている。


KIKIORIX
TRESVIBES SOUNDSYSTEMとしてSATOSHI OTSUKI、DJ PI-GEと共にWOMBでのレギュラーパーティーTRESVIBESをメインに活動中。都内を中心に国内の様々なクラブでプレイし、WOMB ADVENTURE、WIRED CLASH、FUJI ROCK FESTIVALやULTRAJAPANなどのフェスティバルへの出演経験も持つ。また海外でのプレイ経験もあり、これまでにFabric London、THE END/AKA London、Space Ibiza、Tresor Berlinなどでプレイしてきた。2000年代にはロンドンに留学し、Tomoki Tamuraと共にHOLICのレジデントを務め、その時のイーストロンドンでの様々な経験が現在のプレイスタイルに反映されている。21歳の時に初めて楽曲をリリースをしてから制作も続けており、これまでにKingsize RecordsやPhonique主宰Ladies & Gentlemen などから12インチEPを、また2013年にはファーストアルバムをリリースしている。TRESVIBE SOUNDSYSTEMとしても2014年にはVIS REV SETレーベルを立ち上げ、ミックスCDをリリースした。またグラフィックデザイナーとしても活動中。


Yasu
バックグラウンドであるハウスミュージックの洗礼を受け、DJ 活動をスタート。 DJ と平行し 2005年頃より渋谷宇田川町のレコードショップ、TECHNIQUE のバイヤーとして勤め、そこで培われた知識に裏打ちされたプレイはハウス~ノイズまで幅広い。2013年夏よりARTEMIS@UNIT/OATH をスタート。2016年よりFasten Musiqueへ参加。


SISI
東京屈指の酸過多地帯、国分寺の同胞DJ、Zuyackからサイケデリックカルチャーの洗礼をうけDJを開始。2005年、レーベル 「Timothy Really」を立ち上げるとともに、2011年までSpace lab yellowから発祥されたレジェンドパーティー「Real Grooves」のレジデントを務める。その後、担った渋谷「SECOBAR」のブッキングマネージャーの体験を糧に、 DJ Pige、Ryo Murakami率いる「Pan Records」、可変型モバイルギグ「DDD」、虹色発光レイヴ「Rainbow Disco Club」の住人として日本発未来経由のダンスフロアめざして日々放浪中。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
+http://www.clubberia.com/ja/artists/を参照+







[MIlok] オフィシャル Instagram
[MIlok] オフィシャル Twitter
[MIlok] オフィシャル Facebook
July 5, 2017

REDSHAPE

png6FT2017060220.jpg



また、、、どうしよう、、、


この夜も一緒に遊びましょう!!!








【 謎に包まれた赤いマスク。ベルリン~デトロイトの
       アンダーグラウンンド・テクノをアップデートする怪人、Redshape! 】

Laurent Garnier、Josh Wink、Âme、Cassyなど幅広いDJからサポートを受けてきた謎の赤いマスクの男、Redshape。ベルリン在住のプロデューサーであり、デトロイト・テクノへの深い造詣が覗えるサウンドは、Delsin、Styrax Leaves、Music Manなどのレーベルからリリースを重ねる毎に進化を遂げ、Pacha Ibizaを筆頭にヨーロッパ各地で開催されているMaceo Plex主催のMosaic by Maceoにもフィーチャーされるなど、今ではアンダーグラウンドのテクノシーンでも頭一つ抜けた存在に。ジャムセッションの様に有機的に繰り広げられるライブセットは一見の価値あり!!そして国内外で目覚ましい活躍を見せるHarukaがロングセットを披露。さらに間もなくキャリア40年を迎える日本テクノシーンの至宝 DJ WADAの参戦も決定!


DATE:
2017-07-21 FRI

OPEN:
23:00

VENUE:
VENT

PRICE:
3500

LINE UP:
=ROOM1=
Redshape (Running Back / Present) -Live-
Haruka (Future Terror)
DJ Wada (Co-Fusion / Diretta)
DJ FGR

=ROOM2=
Atsuki (SUNNY / CONNEXION)
HIDEFUMI WATANABE (SPACE FLOWER)
Jit (INTENTION / SYMPATHY)
Oxnr
Tsutomu (Sawagi Festival)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
+http://www.clubberia.com/ja/events/269131-Redshape-Live/を参照しています







[MIlok] オフィシャル Instagram
[MIlok] オフィシャル Twitter
[MIlok] オフィシャル Facebook

2013年8月
[Milok]のフラッグシップショップがオープン致します。
植物と小鳥たちのさえずりに囲まれた渋谷区神南に位置する
[犬と共に生活すること]を体現したショップ。

[Milok]
150-0041
東京都渋谷区神南1-3-11
03-6455-1440

OPEN:13:00-20:00