Show and Hide the Dashboard Home

Milok

SHIMADANTIQUES
3MW

Diary

OTHER

March 22, 2017

NF meets AIR MAX REVOLUTION TOKYO

17521769_1552323551468689_888837754_o.jpg


誕生から30年。


ランニングシューズの常識を覆し、


様々なカルチャーに影響を与え続けてきたAIR MAX。


2017年、新たな革命が始まる。


AIR MAX REVOLUTION TOKYOでは


最新テクノロジーを搭載した NIKE AIR VAPORMAX(ナイキ エア ヴェイパーマックス)を始め、


スポーツ、音楽、ファッション、テクノロジーが織り成すAIR MAXの革命の物語が体験できる。


革命の系譜、音楽と融合したランニング体験、世界中のクリエイターが創造する未来のAIR MAX。


AIR MAXの革命のすべてがここにある。


上野・東京国立博物館表慶館にて、3月24日から3月26日の3日間開催。


さあ、AIRの革命に参加しよう。




サカナクション山口一郎が発起人となり、音楽のみならず、


ファッションやアート、テクノロジーなど様々な分野を取り上げ、


音楽に関わる音楽以外の新しいカタチを提案するプロジェクト。


CO-CREATORとしてAIR MAXの革命の物語をプロデュースする。


+http://www.nike.com/jp/ja_jp/c/sportswear/amr-tokyoより参照しています+
 上記をクリックするとNIKE公式ページへ





山口一郎(サカナクション)がオーガナイズする複合イベント -NF- とは???


既存の音楽イベントの枠にとらわれず、様々なジャンルのクリエイターが集う複合イベント


音楽という文化の視野を広げ、様々な分野に派生するサロン的な役割を目指しています




一郎くんの気持ちをシンプルにお伝えしますと


アート/ファッション/音楽の垣根を越えて交わってほしい!


世代も性別も交わって、気軽にお話ししてお互いに刺激を受けてほしい


そして10年後、20年後に、、


「スゲー!やられた!カッコイイ!」と嫉妬してしまうような


そんな、これからの音楽家が現れることを楽しみにしています


っということです




次回は、NF1R
場所は、リキッドルーム(東京/恵比寿)
時間は、4/26(水) 18:00 〜
NF1Rは未成年の方もご来場いただけます
どうぞお楽しみに!











山口一郎(サカナクション)氏からの言葉を、、、






拝啓 音楽を愛するみなさまへ



僕達私達サカナクションは



リスナーの皆様の応援に


支えられここまで頑張ってこれました。



本当に、感謝しております。




デビューして8年



自分たちの音楽を世に放つ過程で


音楽に関わる様々な仕事があることを知りました



例えば


レコーディングエンジニア


PA


照明


テック


など



ビジュアル面に関しては


スタイリスト


ヘアメイク


映像ディレクター


カメラマン


など挙げれば切りがありません




プロフェッショナルな方々と出会い


その感覚や考え方、姿勢、作品などに


僕らは日々影響を受け続けております



そして気が付けば


そういった方々との関わり合いも含め


僕らにとっての


「音楽」になっていたのでした




しかし、そういった方々の仕事は



なかなかリスナーの皆様に


知ってもらえる機会が


少ないということも


音楽を続けていくうちに


知ることになったのです




「音楽を楽しむ空間で


音楽に関わる仕事のことも


知ってもらいたい。」




それによってもっと音楽の


楽しみ方が増えると


僕らは考えています




今までそのような活動を


できるだけしてきたつもりでしたが



なかなか本格的に動かして行く


チャンスがありませんでした




しかし、BASS草刈愛美の妊娠により



デビューして以来、


初めて夏フェスに


出演しない一年を


迎えることになって



今夏ようやく実現することができたのです




この「NIGHT FISHING」という


イベントを実現するにあたって



2015年1月3日に放送された


NHKスペシャル『NEXT WORLD』で


関わらせていただいた




Rhizomatiks 眞鍋大度氏



ANREALAGE 森永邦彦氏



スタイリスト 三田真一氏



ミュージシャン AOKI takamasa氏


に協力を仰ぎ




僕らの作品に関わってくれた人



これから関わっていきたい人を交え



恵比寿リキッドルームに



一つの空間を形成することにしたのです




このイベントは定期的に


継続していけたらいいなぁと思っています



いずれ音楽に関わる様々な職種の


ワークショップや展示なども


行っていきたいですし



海外のミュージシャンも呼びたいです




まだ夢のような話ですが



これまでもたくさんの方々に


支えられながら


夢を叶えてきましたし



これもきっと、大丈夫です




当日、恵比寿でお待ちしております





サカナクション 山口一郎


+http://nf.sakanaction.jpより引用








僕はといいますと、スタイリスト 三田真一氏からのお誘いをいただきまして


[NF] プロダクト部門をサポートすることになりまして約1年ちょっと


手がけたアイテムは下記になります


裏方として服を作ったり、EVENT時はステージ前に出没しています


気軽に声をかけてください、一緒に遊びましょう!!!




20161118026.jpg































20161118028.jpg































20161118029.jpg































20161118030.jpg



[MIlok] オフィシャル Instagram
[MIlok] オフィシャル Twitter
[MIlok] オフィシャル Facebook
March 19, 2017

MOTKのLIVE告知

20170206001.jpg [MIlok]がLIVE衣装を提供しているバンド [mouse on the keys]


彼らが、4/2 (日)に仙台 darwinで開催される新イベント〈Flying Flags VOL. 1〉への出演が決定しました!


それに伴い、[MIlok]の最新の春夏バージョンの衣装になりますので


お楽しみに!!!




そして出演アーティストも個人的にもオススメしたい音楽家たち


現地で一緒に遊びましょうー




We're confirmed to play at "Flying Flags VOL. 1" on April 2 at darwin in Sendai.
Other performers are
D.A.N.
WONK
yahyel.






[MIlok] オフィシャル Instagram
[MIlok] オフィシャル Twitter
[MIlok] オフィシャル Facebook
March 16, 2017

BEN KLOCK 6 HOUR SET レポート

20170315001.jpg































20170315002.jpg































20170315003.jpg































20170315004.jpg































20170315005.jpg































20170315006.jpg































20170315007.jpg































20170315008.jpg































20170315009.jpg




ついにドイツが誇るテクノDJ Ben Klockの6時間セットを


全身全霊で音を浴びた記憶に残る一夜となりました


開催日は平日でしたが満員御礼な人の多さ(笑)


ホンモノの[音好き]が集まっていて、とても気持ちのいいグルーブ感が生まれていた


とくに、23:00〜がまずいな〜と思えるほど彼の特徴が出ていましたね


会場にいた方は同感してもらえるのではないでしょうか???(笑)



そして昨年7月に[Milok]で開催した音楽EVENTにて参加していただいた


Kikiorix (Tresvibes Soundsystem) はディスコテクノなセットで良かった


またどこかでご一緒しましょう!!!




[Milok] x TRESVIBES SOUNDSYSTEMはこちらから
http://www.milokweb.com/diary/diary/milok_x_tresvibes_systematization.html




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ドイツ産テクノマシンがメインフロアをオープンからラストまでナビゲート! 昨年9月、満員御礼の衝撃的なContactデビューを果たしたBen Klock。今年に入り、BergheinのレジデントDJである彼は盟友Marcel Dettmannとのコラボレーション「Phantom Studies」をOstgut Tonから発表し、過去10年に渡ってテクノサウンドを牽引してきた同レーベルの記念すべき100枚目の12インチを演出した。その興奮の真っただ中、Ben Klockが早くもContactに帰ってくる! 今回は6時間にわたる正確無比のDJセットでContactのメインフロアをオープンからラストまでナビゲート。火曜日開催ということで、平日オールも厭わない生粋のダンス狂たちが集うであろうこの夜。一晩を通じて自由な創造性を解き放ち、ディープな選曲とミックス表現の幅広さを持つドイツ産テクノマシンの真骨頂を味わえる一夜になるに違いない。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


Ben Klockとは???


Klockworksの設立者としても知られているBen Klockはここ10年間、毎年Resident Advisorのトップ10 DJにランクインし続けている。2005年にBerghainのレジデントとなり、ベルリンテクノの最前線に立つ存在である。多様なトラックセレクションで空間を作り上げるパワフルかつ芸術性のあるプレイスタイルは、巨大フェスティバルからアットホームな小箱でも順応する。マラソンセットで有名なBenだが、比較的短時間のセットでも、明確なストーリーを打ち出すことができる実力の持ち主だ。 近年はツアーに活動の重点を置いているが、初期の頃から制作でも才能を発揮し続けている。 Marcel Dettmannとの初のコラボレーション作品として2009年にOstgut Tonからリリースされた「Dawning」は、まだ立ち上げから間もなかった同レーベルに大いに貢献し、名門レーベルに数え上げられるようになった今でも代表作に位置付けられている。その他にも特筆すべき作品は、同2009年にリリースされた「One」、「Before One EP」の 「Subzero」、2010年の「Compression Session EP」と、枚挙にいとまがない。2012年には「Fabric 66」コンピレーションをリリース、2015年にBBC Radio 1のEssential Mix of the Year賞を受賞している。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


3/14 (火)
BEN KLOCK 6 HOUR SET
8PM | ¥3500 w/f ¥3000 GH ¥2500 GH S members ¥2000
Under 23 ¥2000 Before 9PM ¥2000
Early Bird ADV (100 Limited Tickets) ¥2000
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


Studio: (※Starting at 10PM)
Ben Klock (Ostgut-Ton | Klockworks | Berlin)
Contact:
Ryosuke (lobust)
Kikiorix (Tresvibes Soundsystem)
Nehan (Artemis)
Fushiming (Hole and Holland)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


会場/Contact
http://www.contacttokyo.com
東京都渋谷区道玄坂2-10-12 新大宗ビル4号館地下2階
Tel: 03-6427-8107
You must be 20 and over with ID.
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
+diskunion.netを参照しています+





[MIlok] オフィシャル Instagram
[MIlok] オフィシャル Twitter
[MIlok] オフィシャル Facebook
March 14, 2017

MATHEW JONSON レポート

20170314001.jpg































20170314002.jpg































20170314003.jpg































20170314004.jpg































20170314005.jpg































20170314006.jpg































20170314007.jpg































20170314008.jpg































20170314009.jpg































20170314010.jpg



みんなのKIKIORIXからの〜 MATHEW JONSONでしたね


KIKIORIXの後半の後半が特に良かった


MATHEW JONSONへバトンを渡す前あたり




そして1FのTimothy Reallyクルーはディスコな選曲でゆらりゆらりと楽しめたし


VIP LOUNGEはDJ SOさん率いるクルーがガッチリと上げてくれていましたね




いろいろと音好きな知り合いに逢えたのも嬉しかったし、注目されていたのでしょう


またどこかで、、、






ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2015年の WOMB カウントダウンパーティーにゲストで迎えられたカナダ出身の偉大なアーティスト MATHEW JONSON が、1年ぶりに WOMB に帰還。MODERN DEEP LEFT QUARTET や COBBLESTONE JAZZ へのアーティストとしての参加でも知られ、日本でも絶大な人気を誇っている。メインフロアは DJ SODEYAMA 氏主宰 ARPA SHOWCASE で行われ、MATHEW 本人とも親交が深い DJ SODEYAMA は勿論のこと、TRESVIBES レジデント KIKIORIX も参戦決定。2017年バージョンにアップデートされた MATHEW JONSON の LIVE パフォーマンスに期待がかかる。

The great Canadian artist Mathew Jonson--who participated in the 2015 WOMB countdown party as a guest--is finally returning to WOMB. Known for his involvement in the Modern Deep Left Quartet and Cobblestone Jazz, he has enormous popularity in Japan as well. His upgraded live performance in 2017 is highly anticipated.

MATHEW JONSONとは???
フリースタイル・テクノ・ジャムバンド「Cobblestone Jazz」でテックフュージョンを世界に提唱し、シーンを震撼させたミニマル/テクノのパイオニア、Mathew Jonson。世界のトップレーベルの一つに挙げられる<Wagon Repair>主宰。現在のエレクトロニックミュージック・シーンにおいて最も卓越したプロデューサーの一人である。 カナダ・ヴァンクーバー出身(現在はドイツ・ベルリン在住)の彼は、幼少の頃からクラシックピアノやジャズドラムを習い、父親の影響で9才からシンセサイザーに親しみ、10代の頃にはすでにビートを作っていた。19才の時に、Tyger Dhula、Danuel Tate、Colin de la Plante (The Mole)の3人と出会い、禁断の四重奏「Modern Deep Left Quartet」を結成。2001年に<Itiswhatitis>よりデビューシングル'New Identity'をリリースした後、Perlon、Minus、Kompaktなどシーンを牽引する名門レーベルから立て続けにシングルヒットを放ち、2005年に自身のレーベル<Wagon Repair>を設立。彼の楽曲は、Richie HawtinやRicardo Villalobos、Luciano、Laurent Garnier、Gilles Petersonなどから称賛されるほか、Chemical Brothers、Moby、Four Tet、Plastikmanらのリミックスも手がけ、多くのメディアでベストプロデューサーに選出されている。
また、最新のコンピューターとアナログ機材を駆使した即興的ライブにも定評があり、RA「Top 20 LIVE Acts」では2011年より4年連続で入賞。ここ日本では、Metamorphose、The Labyrinth、The Star Festivalといった野外フェスや、Resident Advisorの10周年記念パーティー"RA X"、Red Bull Music Academy Tokyo 2014イベントなどに出演。その天性とも言うべき音楽センスと情熱を纏ったLIVEパフォーマンスは、"エレクトロニックミュージック・ライブアクトの完成形"と称されている。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
■ Line up
MAIN FLOOR "ARPA SHOWCASE"
GUEST: MATHEW JONSON -LIVE- (WAGON REPAIR / CA)
LINE UP: DJ SODEYAMA (ARPA RECORDS / ТРИП), KIKIORIX (TRESVIBES SOUNDSYSTEM)

VIP LOUNGE: DJ SO (LABYRINTH / TRI-BUTE), EITA, LAMB AND MORE

WOMB
東京都渋谷区円山町2-16
03-5459-0039
www.womb.co.jp
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
+http://www.clubberia.com/ja/events/264193-WOMB-presents-MATHEW-JONSON/を参照しています+





[MIlok] オフィシャル Instagram
[MIlok] オフィシャル Twitter
[MIlok] オフィシャル Facebook
March 10, 2017

BEN KLOCK 6 HOUR SET

jp-0314-932918-front.jpg


昨年9月の来日でも話題をさらった、ドイツが誇るテクノDJ Ben Klock


3月14日(火)平日のContactに再登場!みのがせない6時間セットは伝説になるはず


そして昨年7月に[Milok]で開催した音楽EVENTにて参加していただいた


Kikiorix (Tresvibes Soundsystem) も登場しますよ


この夜も一緒に遊びましょうー




[Milok] x TRESVIBES SOUNDSYSTEMはこちらから
http://www.milokweb.com/diary/diary/milok_x_tresvibes_systematization.html




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ドイツ産テクノマシンがメインフロアをオープンからラストまでナビゲート! 昨年9月、満員御礼の衝撃的なContactデビューを果たしたBen Klock。今年に入り、BergheinのレジデントDJである彼は盟友Marcel Dettmannとのコラボレーション「Phantom Studies」をOstgut Tonから発表し、過去10年に渡ってテクノサウンドを牽引してきた同レーベルの記念すべき100枚目の12インチを演出した。その興奮の真っただ中、Ben Klockが早くもContactに帰ってくる! 今回は6時間にわたる正確無比のDJセットでContactのメインフロアをオープンからラストまでナビゲート。火曜日開催ということで、平日オールも厭わない生粋のダンス狂たちが集うであろうこの夜。一晩を通じて自由な創造性を解き放ち、ディープな選曲とミックス表現の幅広さを持つドイツ産テクノマシンの真骨頂を味わえる一夜になるに違いない。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


Ben Klockとは???


Klockworksの設立者としても知られているBen Klockはここ10年間、毎年Resident Advisorのトップ10 DJにランクインし続けている。2005年にBerghainのレジデントとなり、ベルリンテクノの最前線に立つ存在である。多様なトラックセレクションで空間を作り上げるパワフルかつ芸術性のあるプレイスタイルは、巨大フェスティバルからアットホームな小箱でも順応する。マラソンセットで有名なBenだが、比較的短時間のセットでも、明確なストーリーを打ち出すことができる実力の持ち主だ。 近年はツアーに活動の重点を置いているが、初期の頃から制作でも才能を発揮し続けている。 Marcel Dettmannとの初のコラボレーション作品として2009年にOstgut Tonからリリースされた「Dawning」は、まだ立ち上げから間もなかった同レーベルに大いに貢献し、名門レーベルに数え上げられるようになった今でも代表作に位置付けられている。その他にも特筆すべき作品は、同2009年にリリースされた「One」、「Before One EP」の 「Subzero」、2010年の「Compression Session EP」と、枚挙にいとまがない。2012年には「Fabric 66」コンピレーションをリリース、2015年にBBC Radio 1のEssential Mix of the Year賞を受賞している。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


3/14 (火)
BEN KLOCK 6 HOUR SET
8PM | ¥3500 w/f ¥3000 GH ¥2500 GH S members ¥2000
Under 23 ¥2000 Before 9PM ¥2000
Early Bird ADV (100 Limited Tickets) ¥2000
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


Studio: (※Starting at 10PM)
Ben Klock (Ostgut-Ton | Klockworks | Berlin)
Contact:
Ryosuke (lobust)
Kikiorix (Tresvibes Soundsystem)
Nehan (Artemis)
Fushiming (Hole and Holland)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


会場/Contact
http://www.contacttokyo.com
東京都渋谷区道玄坂2-10-12 新大宗ビル4号館地下2階
Tel: 03-6427-8107
You must be 20 and over with ID.
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
+diskunion.netを参照しています+





[MIlok] オフィシャル Instagram
[MIlok] オフィシャル Twitter
[MIlok] オフィシャル Facebook
March 6, 2017

MATHEW JONSON

jpgR1q2017022320.jpg 5年前のCOBBLESTONE JAZZの印象が忘れられませぬ


いくつかのユニット名義で記憶に残る音を奏でるアーティスト MATHEW JONSON


そして昨年7月に[Milok]で開催した音楽EVENTにて参加していただいた


KIKIORIX(Tresvibes Soundsystem) も登場しますよ


この夜も一緒に遊びましょうー




[Milok] x TRESVIBES SOUNDSYSTEMはこちらから
http://www.milokweb.com/diary/diary/milok_x_tresvibes_systematization.html




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2015年の WOMB カウントダウンパーティーにゲストで迎えられたカナダ出身の偉大なアーティスト MATHEW JONSON が、1年ぶりに WOMB に帰還。MODERN DEEP LEFT QUARTET や COBBLESTONE JAZZ へのアーティストとしての参加でも知られ、日本でも絶大な人気を誇っている。メインフロアは DJ SODEYAMA 氏主宰 ARPA SHOWCASE で行われ、MATHEW 本人とも親交が深い DJ SODEYAMA は勿論のこと、TRESVIBES レジデント KIKIORIX も参戦決定。2017年バージョンにアップデートされた MATHEW JONSON の LIVE パフォーマンスに期待がかかる。

The great Canadian artist Mathew Jonson--who participated in the 2015 WOMB countdown party as a guest--is finally returning to WOMB. Known for his involvement in the Modern Deep Left Quartet and Cobblestone Jazz, he has enormous popularity in Japan as well. His upgraded live performance in 2017 is highly anticipated.

MATHEW JONSONとは???
フリースタイル・テクノ・ジャムバンド「Cobblestone Jazz」でテックフュージョンを世界に提唱し、シーンを震撼させたミニマル/テクノのパイオニア、Mathew Jonson。世界のトップレーベルの一つに挙げられる<Wagon Repair>主宰。現在のエレクトロニックミュージック・シーンにおいて最も卓越したプロデューサーの一人である。 カナダ・ヴァンクーバー出身(現在はドイツ・ベルリン在住)の彼は、幼少の頃からクラシックピアノやジャズドラムを習い、父親の影響で9才からシンセサイザーに親しみ、10代の頃にはすでにビートを作っていた。19才の時に、Tyger Dhula、Danuel Tate、Colin de la Plante (The Mole)の3人と出会い、禁断の四重奏「Modern Deep Left Quartet」を結成。2001年に<Itiswhatitis>よりデビューシングル'New Identity'をリリースした後、Perlon、Minus、Kompaktなどシーンを牽引する名門レーベルから立て続けにシングルヒットを放ち、2005年に自身のレーベル<Wagon Repair>を設立。彼の楽曲は、Richie HawtinやRicardo Villalobos、Luciano、Laurent Garnier、Gilles Petersonなどから称賛されるほか、Chemical Brothers、Moby、Four Tet、Plastikmanらのリミックスも手がけ、多くのメディアでベストプロデューサーに選出されている。
また、最新のコンピューターとアナログ機材を駆使した即興的ライブにも定評があり、RA「Top 20 LIVE Acts」では2011年より4年連続で入賞。ここ日本では、Metamorphose、The Labyrinth、The Star Festivalといった野外フェスや、Resident Advisorの10周年記念パーティー"RA X"、Red Bull Music Academy Tokyo 2014イベントなどに出演。その天性とも言うべき音楽センスと情熱を纏ったLIVEパフォーマンスは、"エレクトロニックミュージック・ライブアクトの完成形"と称されている。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
■ Line up
MAIN FLOOR "ARPA SHOWCASE"
GUEST: MATHEW JONSON -LIVE- (WAGON REPAIR / CA)
LINE UP: DJ SODEYAMA (ARPA RECORDS / ТРИП), KIKIORIX (TRESVIBES SOUNDSYSTEM)

VIP LOUNGE: DJ SO (LABYRINTH / TRI-BUTE), EITA, LAMB AND MORE

WOMB
東京都渋谷区円山町2-16
03-5459-0039
www.womb.co.jp
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
+http://www.clubberia.com/ja/events/264193-WOMB-presents-MATHEW-JONSON/を参照しています+





[MIlok] オフィシャル Instagram
[MIlok] オフィシャル Twitter
[MIlok] オフィシャル Facebook
March 3, 2017

#ONFLEEK

jp-0304-933295-893777-front.jpg































jpgjhx2017020915.jpg































jpgffX2017020915.jpg #ONFLEEKのコンセプトも共感できるし、百聞は一見に如かず、、、


そして昨年7月に[Milok]で開催した音楽EVENTにて参加していただいた


Satoshi Otsuki (Tresvibes Soundsystem/Vis Rev Set) も登場しますよ


この夜も一緒に遊びましょうー




[Milok] x TRESVIBES SOUNDSYSTEMはこちらから
http://www.milokweb.com/diary/diary/milok_x_tresvibes_systematization.html






The dance music world has been evolving more than ever since the rapid growth of the Internet and SNS started spreading all around the world. This new technology made it possible to organize a party that symbolizes the "new generation" at Sky Tokyo. "#ONFLEEK" focuses on new and younger artists who have earned their name overseas, "#ONFLEEK" provides parties you will never forget. On our second night on the dance floor, we proudly present originally from Venezuela, South America, Deep Tech House Duo, Fur Coat by Sergio Munoz and Israel Sunshine based in Barcelona.



流行り廃りや世代交代を繰り返しながらもインターネットの普及とSNSの進化により急速な進化を遂げているダンスミュージックシーン。取り巻く環境の変化と共に音楽も進化を続けており凄い才能が発見されている。こんな時代だからこそ次世代のライジングスターをタイムラグなしで直輸入するパーティが必要と捉え、知名度に囚われず国内外での評価が高く新世代を予見させるアーティストを揃えた"#ONFLEEK"。Monkey Safariが初来日し大盛況に終わった初回に続き、早くも第2弾のラインナップが発表された。ベネズエラ出身、現在はバルセロナを拠点とするSergio MunozとIsrael SunshineによるCrosstown RebelsのデュオFur Coatが登場する。




BASEMENT:
Fur Coat (Crosstown Rebels | Watergate Records | Last Night On Earth | from Barcelona)
Satoshi Otsuki (Vis Rev Set)
Matsunami (TRI-BUTE | EXPECTED)
Mustache X (Fake Eyes Production)
VJ MANAMI

TAPROOM:
ITA (Primitive / SIDE B)
Tai T.Ram (Terminus.)
TMAK (Monolith)
Naoya Hara (Alive)
Jun (weaves)

Sankeys TYO
〒150-0033 東京都渋谷区猿楽町2-11 BF
Hikawa Bldg. BF, 2-11 Sarugaku-cho
Shibuya-ku, Tokyo Japan
Sankeys TYO 03-6455-3260
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
+http://www.clubberia.com/ja/events/264308-ONFLEEK/を参照しています+





[MIlok] オフィシャル Instagram
[MIlok] オフィシャル Twitter
[MIlok] オフィシャル Facebook
February 23, 2017

- NF1R - レポート

20170220001.jpg































20170220002.jpg































20170220003.jpg































20170220004.jpg































20170220010.jpg































20170220007.jpg































20170220005.jpg































20170220006.jpg































20170220008.jpg































20170220009.jpg































20170220011.jpg































20170220012.jpg































20170220013.jpg































20170220014.jpg































20170220016.jpg































20170220017.jpg































20170220018.jpg































20170220019.jpg































20170220020.jpg































20170220021.jpg































20170220022.jpg































20170220023.jpg































20170220024.jpg


今回も楽しんでいただけましたか???


NFは参加して頂いている、新しい体験をする皆さんが主人公だと思います


初めましての方もいらっしゃると思いますが


臆することなく、気になった方には話しかけてみてください


声をかけたら、けっこう優しく話してくれる人々がほとんどです(笑)


それでは、また次回ですね




山口一郎(サカナクション)がオーガナイズする複合イベント -NF- とは???


既存の音楽イベントの枠にとらわれず、様々なジャンルのクリエイターが集う複合イベント


音楽という文化の視野を広げ、様々な分野に派生するサロン的な役割を目指しています




一郎くんの気持ちをシンプルにお伝えしますと


アート/ファッション/音楽の垣根を越えて交わってほしい!


世代も性別も交わって、気軽にお話ししてお互いに刺激を受けてほしい


そして10年後、20年後に、、


「スゲー!やられた!カッコイイ!」と嫉妬してしまうような


そんな、これからの音楽家が現れることを楽しみにしています


っということです




次回は、NF1
場所は、リキッドルーム(東京/恵比寿)
時間は、4月予定
どうぞお楽しみに!



ー SPECIAL PROJECT/耕作放棄地をワイン畑へ ー 地域に見捨てられ、耕作放棄地となり荒れ放題になっていたぶどう畑。 「ここにワイン用のぶどうを植えて、この荒地を再生し、ワインという新たな価値を生み出そう。」 そんな発想から、毎年ぶどうの木を植え続け、ぶどう栽培からワインの醸造まで一貫して行うtetta。 今月のNF1Roomでは、岡山県北西部、新見市哲多町にあるワイナリー"tetta"をお招きして、一夜限りのワインバーをオープンします。









山口一郎(サカナクション)氏からの言葉を、、、






拝啓 音楽を愛するみなさまへ



僕達私達サカナクションは



リスナーの皆様の応援に


支えられここまで頑張ってこれました。



本当に、感謝しております。




デビューして8年



自分たちの音楽を世に放つ過程で


音楽に関わる様々な仕事があることを知りました



例えば


レコーディングエンジニア


PA


照明


テック


など



ビジュアル面に関しては


スタイリスト


ヘアメイク


映像ディレクター


カメラマン


など挙げれば切りがありません




プロフェッショナルな方々と出会い


その感覚や考え方、姿勢、作品などに


僕らは日々影響を受け続けております



そして気が付けば


そういった方々との関わり合いも含め


僕らにとっての


「音楽」になっていたのでした




しかし、そういった方々の仕事は



なかなかリスナーの皆様に


知ってもらえる機会が


少ないということも


音楽を続けていくうちに


知ることになったのです




「音楽を楽しむ空間で


音楽に関わる仕事のことも


知ってもらいたい。」




それによってもっと音楽の


楽しみ方が増えると


僕らは考えています




今までそのような活動を


できるだけしてきたつもりでしたが



なかなか本格的に動かして行く


チャンスがありませんでした




しかし、BASS草刈愛美の妊娠により



デビューして以来、


初めて夏フェスに


出演しない一年を


迎えることになって



今夏ようやく実現することができたのです




この「NIGHT FISHING」という


イベントを実現するにあたって



2015年1月3日に放送された


NHKスペシャル『NEXT WORLD』で


関わらせていただいた




Rhizomatiks 眞鍋大度氏



ANREALAGE 森永邦彦氏



スタイリスト 三田真一氏



ミュージシャン AOKI takamasa氏


に協力を仰ぎ




僕らの作品に関わってくれた人



これから関わっていきたい人を交え



恵比寿リキッドルームに



一つの空間を形成することにしたのです




このイベントは定期的に


継続していけたらいいなぁと思っています



いずれ音楽に関わる様々な職種の


ワークショップや展示なども


行っていきたいですし



海外のミュージシャンも呼びたいです




まだ夢のような話ですが



これまでもたくさんの方々に


支えられながら


夢を叶えてきましたし



これもきっと、大丈夫です




当日、恵比寿でお待ちしております





サカナクション 山口一郎


+http://nf.sakanaction.jpより引用








僕はといいますと、スタイリスト 三田真一氏からのお誘いをいただきまして


[NF] プロダクト部門をサポートすることになりまして約1年ちょっと


手がけたアイテムは下記になります


裏方として服を作ったり、EVENT時はステージ前に出没しています


気軽に声をかけてください、一緒に遊びましょう!!!




20161118026.jpg































20161118028.jpg































20161118029.jpg































20161118030.jpg



[MIlok] オフィシャル Instagram
[MIlok] オフィシャル Twitter
[MIlok] オフィシャル Facebook
February 14, 2017

-NF- とは???

20170214001.jpg































20170214002.jpg































20170214003.jpg


山口一郎(サカナクション)がオーガナイズする複合イベント -NF- とは???


既存の音楽イベントの枠にとらわれず、様々なジャンルのクリエイターが集う複合イベント


音楽という文化の視野を広げ、様々な分野に派生するサロン的な役割を目指しています




一郎くんの気持ちをシンプルにお伝えしますと


アート/ファッション/音楽の垣根を越えて交わってほしい!


世代も性別も交わって、気軽にお話ししてお互いに刺激を受けてほしい


そして10年後、20年後に、、


「スゲー!やられた!カッコイイ!」と嫉妬してしまうような


そんな、これからの音楽家が現れることを楽しみにしています


っということです




次回は、NF1R
場所は、リキッドルーム(東京/恵比寿)
時間は、2/18(土) 24:00〜
どうぞお楽しみに!



ー SPECIAL PROJECT/耕作放棄地をワイン畑へ ー 地域に見捨てられ、耕作放棄地となり荒れ放題になっていたぶどう畑。 「ここにワイン用のぶどうを植えて、この荒地を再生し、ワインという新たな価値を生み出そう。」 そんな発想から、毎年ぶどうの木を植え続け、ぶどう栽培からワインの醸造まで一貫して行うtetta。 今月のNF1Roomでは、岡山県北西部、新見市哲多町にあるワイナリー"tetta"をお招きして、一夜限りのワインバーをオープンします。









山口一郎(サカナクション)氏からの言葉を、、、






拝啓 音楽を愛するみなさまへ



僕達私達サカナクションは



リスナーの皆様の応援に


支えられここまで頑張ってこれました。



本当に、感謝しております。




デビューして8年



自分たちの音楽を世に放つ過程で


音楽に関わる様々な仕事があることを知りました



例えば


レコーディングエンジニア


PA


照明


テック


など



ビジュアル面に関しては


スタイリスト


ヘアメイク


映像ディレクター


カメラマン


など挙げれば切りがありません




プロフェッショナルな方々と出会い


その感覚や考え方、姿勢、作品などに


僕らは日々影響を受け続けております



そして気が付けば


そういった方々との関わり合いも含め


僕らにとっての


「音楽」になっていたのでした




しかし、そういった方々の仕事は



なかなかリスナーの皆様に


知ってもらえる機会が


少ないということも


音楽を続けていくうちに


知ることになったのです




「音楽を楽しむ空間で


音楽に関わる仕事のことも


知ってもらいたい。」




それによってもっと音楽の


楽しみ方が増えると


僕らは考えています




今までそのような活動を


できるだけしてきたつもりでしたが



なかなか本格的に動かして行く


チャンスがありませんでした




しかし、BASS草刈愛美の妊娠により



デビューして以来、


初めて夏フェスに


出演しない一年を


迎えることになって



今夏ようやく実現することができたのです




この「NIGHT FISHING」という


イベントを実現するにあたって



2015年1月3日に放送された


NHKスペシャル『NEXT WORLD』で


関わらせていただいた




Rhizomatiks 眞鍋大度氏



ANREALAGE 森永邦彦氏



スタイリスト 三田真一氏



ミュージシャン AOKI takamasa氏


に協力を仰ぎ




僕らの作品に関わってくれた人



これから関わっていきたい人を交え



恵比寿リキッドルームに



一つの空間を形成することにしたのです




このイベントは定期的に


継続していけたらいいなぁと思っています



いずれ音楽に関わる様々な職種の


ワークショップや展示なども


行っていきたいですし



海外のミュージシャンも呼びたいです




まだ夢のような話ですが



これまでもたくさんの方々に


支えられながら


夢を叶えてきましたし



これもきっと、大丈夫です




当日、恵比寿でお待ちしております





サカナクション 山口一郎


+http://nf.sakanaction.jpより引用








僕はといいますと、スタイリスト 三田真一氏からのお誘いをいただきまして


[NF] プロダクト部門をサポートすることになりまして約1年ちょっと


手がけたアイテムは下記になります


裏方として服を作ったり、EVENT時はステージ前に出没しています


気軽に声をかけてください、一緒に遊びましょう!!!




20161118026.jpg































20161118028.jpg































20161118029.jpg































20161118030.jpg



[MIlok] オフィシャル Instagram
[MIlok] オフィシャル Twitter
[MIlok] オフィシャル Facebook
February 13, 2017

SHIBUYA WWW X【 OUT OF BODY TOUR 】レポート

20170213001.jpg































20170213002.jpg































20170213003.jpg































20170213004.jpg































20170213005.jpg































20170213006.jpg































20170213008.jpg































20170213009.jpg































20170213010.jpg































20170213011.jpg































20170213012.jpg [Milok]がLIVE衣装を提供している mouse on the keys の


[Out of Body Release Tour]東京公演よかったですね!!!


いつもの映像(VJ)を排除して、純粋に[音]のみに集中できる演出、、、


僕はいつものように目をつぶって、音を浴びていました


細胞を揺さぶるような、はたまた細胞を突き抜けるような感覚はLIVEならでは


来場者は国際色豊かになってきて、女性も多くなっている印象があります


これから北米ツアーも控えている彼らの応援よろしくお願いします




春夏コレクションの最新のLIVE衣装も提供しますのでお楽しみに!!!





2017/2/8 (水) 渋谷 WWW X
Guest: LITE



[MIlok] オフィシャル Instagram
[MIlok] オフィシャル Twitter
[MIlok] オフィシャル Facebook

2013年8月
[Milok]のフラッグシップショップがオープン致します。
植物と小鳥たちのさえずりに囲まれた渋谷区神南に位置する
[犬と共に生活すること]を体現したショップ。

[Milok]
150-0041
東京都渋谷区神南1-3-11
03-6455-1440

OPEN:13:00-20:00